iPadファン

タブレット14枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

Googleドライブの同期をWindows10とiPhoneでやってみた

最近、アイスのパナップにハマっている佐々木です(^^;

さて今回は、仕事役立つアプリとその設定について、動画を交えてお話致しましょう。

ぼくは、電車などの移動中に「あ〜。PCのデスクトップに保存したあのWordファイル、いまちょっと確認しておきたいんだけどな〜」ということがちょくちょくあります。

大して外出しないにもかかわらず(^^;

そういうときに、iPhoneなどのスマホで、PC内ファイルを確認できたら便利なのですね。

ということでその方法と設定について、動画も交えつつお話していきましょう。

 

 

パソコン内を(ほぼ)まるっと同期

ぼくはMacユーザーなのですが、そのMacには『デスクトップと書類フォルダの同期』というのがOSにありまして。

この機能を使えば、iCloudドライブというクラウドに、Macのデスクトップと書類フォルダ内のファイルを同期してくれるんです。クラウドにアップされていれば、iPhoneでもiPadでも確認できるというスグレモノ。

なのでデスクトップと書類フォルダに、仕事で使うファイルすべてを保存しておけば、パソコン内をクラウドにまるっとコピーしているようなものなのですね。

これ、大変便利でして、iPhoneでMac内のファイルを参照するほかにも、iMacとMacBookの2台運用にも重宝しております。Mac同士を有線接続して同期させる必要もなくなったので。

とはいえ。

スマホはiPhoneでも、職場や家庭ではWindowsを使う、という人も多いだろうと思います。

なのでこの便利機能を紹介するにあたり、Windowsでも同様のことができないか調べてみたところ、Googleドライブや、MicrosoftのOne Driveを使えばできるようですね。

今回は、シェアの多そうなGoogleドライブで同期を行う方法を動画で説明してみました。

ということで下掲動画をご覧ください(^^)

 

 

Windows10のファイルをiPhoneと同期する