iPadファン

タブレット14枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

MacとiPhoneとiPadのケーブル種類は出張時にどれ持ってく?

最近飲み過ぎのためダイエット中の佐々木です(><)b

さて今回は、MacとiPhoneとiPadのケーブルについて考えてみたいと思います。

ワタクシ、去年後半から妙に出張が増えておりまして、そのとき絶対に忘れてはいけないものが、MacやiPhoneやiPadの各種ケーブルと電源コネクタなのでありますね。

歯ブラシを忘れてもホテルにありますし、着替えが足りなくなってもホテルで洗えます。

だがしかし! 

ケーブルと電源アダプタを忘れてしまうと大変です。iPhoneならホテルで貸し出してくれるかもしれませんが、Macのケーブルはホテルに常備されていることまずないでしょう。

それにMacは、丸1日のミーティングとかになると電源アダプタが必要になりますしね。

ということで、どんな種類や規格のケーブルが必要になるのかを考えてみました。

 

 

持ち出す端末について

ではまず、ぼくが持ち出している端末(コンピュータ)について。

出張時には、下記端末を持ち出しておりますね。

  1. MacBook(無印)
  2. iPhone X
  3. iPad Pro 10.5インチ
  4. AirPods
  5. モバイルWi-Fi(UQの『Speed Wi-Fi NEXT W05』)

以上です。改めて上げるとずいぶん多いですねぇ(^^; 

Apple Pencilも持ち出しますが、アレはバッテリー長保ちするし、変換アダプタを屋外に持ち出すと無くしそうだしで、今回は考察から外すことにします。いざとなったらiPad Proから充電すればいいでしょう。

それとぼくはMacBook(無印)を使っていますが、2016年以降のMacBook Proでも充電にUSB-Cを使いますので、MacBook Proユーザーでもこれからお話しする内容は参考になると思います。

 

 

考察1.ケーブル3種類だとどうなる?

それでは、どの種類のケーブルを持ち出したらいいかについてお話していきましょう。

ぼくが最初に考えた持ち出しパターンは下記でした。

  1. USB-C充電ケーブル2m(MacBook/モバイルWi-Fi用)
  2. USB-C - Lightningケーブル1m(iPhone/iPad/AirPods用)
  3. 延長コード
  4. USB-C Digital AV Multiportアダプタ
  5. 29W USB‑C電源アダプタ

 

1番の『USB-C充電ケーブル2m』は、MacBookに同梱されているケーブルのことですね。

f:id:sasa365:20180327141602j:plain

このケーブルを、5番『29W USB‑C電源アダプタ』(同じくMacBookに同梱されてるアダプタ)に差して電源コードとして使うわけです。

この1番と5番のセットで、モバイルWi-Fi『Speed Wi-Fi NEXT W05』が充電できたのもよかったです。『Speed Wi-Fi NEXT W05』はUSB-Cコネクタだったのです──確認せずに買っておりましたが(^^;

なのでPC関係のケーブルは、USB-Cだけで間に合いました。

 

ですが、ここからがAppleさんの悩ましいところで、iPhone/iPad/AirPodsは規格がLightning端子になるじゃないですか。

そうするとですね、持ち出すケーブルも別々になってしまうのですわ。

USB-CかLightningか、どちらかに規格統一してもいい気がしますけどねぇ。

それでぼくは、できるだけ持ち物を減らしたいので、目を付けたのが3番の『USB-C - Lightningケーブル1m』でした。

f:id:sasa365:20180327141517j:plain

このケーブルは、片方がUSB-Cで、もう片方がLightningケーブルになっているのですね。iPhoneとかに同梱されているケーブルとは違うので別途購入しています。

ということは、5番の『29W USB‑C電源アダプタ』で、iPhoneやiPadが充電できるということになります。

つまり、持ち歩く電源アダプタが1つ少なくて済むわけです。

ちなみに『29W USB‑C電源アダプタ』は、iPhoneやiPadも充電できること公式に謳っていまして、さらには急速充電できるというスグレモノです。

 

ちなみに3番の『延長ケーブル』も、MacBookに同梱されているアレです。

f:id:sasa365:20180327141523j:plain

この延長ケーブルがあると、出先の会議室とかでけっこう重宝するんですね。机の配置によって、壁の電源プラグに届かないことがあるので。

1番の『USB-C充電ケーブル』が2mなのも同様の理由で電源プラグに届かせるため、なのですが、2mでも届かない場合があるので、それで延長コードを持ち歩いています。

4番の『USB-C Digital AV Multiportアダプタ』は変換コネクタで、プロジェクタ接続とUSB3機器接続に使います。

f:id:sasa365:20180327141530j:plain

ちなみにMacBookはUSB-Cポートが1つしかありませんので、この手の変換アダプタには、電源供給用のUSB-Cポートが付いている必要があるんですね。だからポートが3つあるわけです。

 

実際に使ってみると……

以上のケーブル種類で実際に出張してみましたところ、思わぬ不都合が生じました。

それは……充電が1つずつしかできないということです……!

電源アダプタを1つしか持ち出していませんから、MacBookを充電している間は、iPhoneやモバイルWi-Fiなどが充電できないのです(ToT)

 

4番の変換アダプタを使って、充電中のMacBookからiPhoneに給電する、というタコ足配線的充電にしようと思うも──つまり下掲写真のように充電しようと思っても……

f:id:sasa365:20180327141536j:plain

変換アダプタの差込口はUSB3なのですが、ぼくは、持ち物を少なくしたいあまり、USB3のLightningケーブル(iPhoneとかに同梱されてるヤツ)を持ち出してなかったのです(゚Д゚)

そんなわけで、常に1つずつの端末しか充電できないことになり、ホテルでの充電が大渋滞になりました(^^;

 

考察2.ケーブル3種類/電源アダプタ2つのパターン

ということでやむを得ず、MacとモバイルWi-Fiの充電と、iPhoneやiPadなどの充電は切り分けることにしました。

  1. USB-C充電ケーブル2m(MacBook/モバイルWi-Fi用)
  2. Lightning - USBケーブル1m(iPhone/iPad/AirPods用)
  3. 延長コード
  4. USB-C Digital AV Multiportアダプタ
  5. 29W USB‑C電源アダプタ
  6. 12W USB電源アダプタ

赤字が追加・変更した部分です。

2番は、通常のLightningケーブルに戻し、USB3で接続できるようにして、6番のiPhone/iPad/AirPods用の電源アダプタを追加しました。

これでMac充電中に、iPhoneやiPadも充電できるようになりました。

そして4番の変換アダプタを使えば、MacBook充電中に、iPhoneに給電することもできるようになり(LightningケーブルがUSB3になったため)、空いている『12W USB電源アダプタ』でiPad/AirPodsの充電も可能となります。

以上で、ホテルでの充電渋滞は解消できました。まぁ荷物は増えちゃいましたが。

 

考察3.規格統一されるとどうなる?

そんなわけで、Apple製品をたくさん持ち出そうと考えるなら、ケーブル3種類/変換コネクタ1種類/電源アダプタ2種類が必要になるかなと思われます。

なのでやっぱり「規格統一して欲しいなぁ」と思って考えてみたのですが、よく考えてみると、規格統一されたとしても、充電を並行してやりたいなら持ち出すケーブルの数はあまり違いがないのですね。

仮に、iPhoneやiPadがUSB-Cの規格になったとすると下記の通り。

  1. USB-C充電ケーブル2m(MacBook/モバイルWi-Fi用)
  2. USB-C充電ケーブル1m(iPhone/iPad/AirPods用)
  3. 延長コード
  4. USB-C Digital AV Multiportアダプタ
  5. 29W USB‑C電源アダプタ
  6. 29W USB‑C電源アダプタ(2つめ)

MacBook充電中に平行してiPhoneも充電したいのであれば、以上のような持ち物になるでしょうね。

だったら、規格統一を待ち望むよりも、電源アダプタのほうを工夫してやればいいのではないか?と思いました。

 

考察4.電源アダプタの差込口を2口にすると?

つまり、電源アダプタの差込口を2口にしてやるわけです。

Apple純正品は出ておりませんが(2018年4月現在)、そういう電源アダプタは、サードパーティから発売されていました。下掲のようなヤツですね。

こういう2口電源アダプタを使えば、電源アダプタが1つ減りますね。

  1. USB-C充電ケーブル2m(MacBook/モバイルWi-Fi用)
  2. Lightning - USBケーブル1m(iPhone/iPad/AirPods用)
  3. 延長コード
  4. USB-C Digital AV Multiportアダプタ
  5. 2口の電源アダプタ

電源コンセントの差込口が1つしかないホテルもありましたので、そういうときも重宝しそうです。

ただなー。

やっぱり電源アダプタにサードパーティ製を使うのはいささか不安がある神経質なワタクシとしては、電源アダプタ1つ減らすのに、そこまで必死になる必要もないかと思いまして、2口電源アダプタの購入はやめました。

 

考察5(最終形).変換アダプタを上手に活用!

以上まで考察してようやく気づいたことは、そもそも論として、「MacとiPhoneを平行充電する必要があるのか?」ということでした(^^;

まず、ホテルに帰って充電必須なのはMacBookでしょう。これは間違いない。仕事で出張ってるんだから(笑)

それと一緒に充電したいのは、果たしてiPhoneやiPadなのか? イヤ違う(反語表現)

ぼくは、これらケーブル類とは別にモバイルバッテリーも持ち歩いていますので、iPhoneは、いざとなればどこでも充電できるのです。

iPadは、ホテルに帰ってからマンガとかアニメとか見る程度で──いつでもどこでも自宅でのライフスタイルを崩さないワタクシ(^^;──打ち合わせではMacBook主体のため、手書きしたいとき以外はiPadを使いません。

ちなみにモバイルバッテリーでiPadを充電すると、iPhoneのための蓄電残量が心許なくなるのでモバイルバッテリーはiPadに使いませんが、まぁiPadがバッテリー切れても出張にはさほど支障ない。(ちなみに家では、充電する間も惜しいほどiPadを使っているので、充電中は別のiPadを使います(^^;)

AirPodsに至っては、バッテリーが切れてしまってもまったく問題なし。モバイルバッテリーで充電しても蓄電残量は気にならない程度だし。

 

ということで、MacBookと平行して充電したいのは、モバイルWi-Fiだけなのでした。

モバイルWi-Fiがバッテリー切れになってしまうとネットに繋げないから大変です。iPhoneのテザリング(au)は有料化したこともあり解約しちゃったし(^^;

さらにモバイルWi-Fiの駆動時間は1日持つかどうかなので、朝起きたらフル充電しておきたいところ。

しかもぼくは、ホテルでアニメ見たりするときも、ホテルのWi-FiではなくモバイルWi-Fiを使うので、出張時は16時間くらいフル稼働なのです。

そんなわけで、MacBookとモバイルWi-Fiを平行充電してバッテリー満杯にして、それでも時間が余っているようなら、iPhone/iPad/AirPodsを充電すればいいことに気づいた次第です。

 

そこで目を付けたのが、4番の変換アダプタ『USB-C Digital AV Multiportアダプタ』です。

この変換アダプタの差込口は3つあるわけで……

f:id:sasa365:20180327141543j:plain

あとは『USB-C - USB3ケーブル』があれば……

f:id:sasa365:20180327141548j:plain

変換アダプタを噛ませてタコ足配線することで、MacBookとモバイルWi-Fiが平行充電できます。

f:id:sasa365:20180327141556j:plain

さらにモバイルWi-Fiが満杯になったら、Lightningケーブルに差し替えて、iPhone/iPad/AirPodsの順に充電すればいい。

 

そんなわけで、持ち出すケーブルの種類は以下に。

  1. USB-C充電ケーブル2m(MacBook/モバイルWi-Fi用)
  2. Lightning - USBケーブル1m(iPhone/iPad/AirPods用)
  3. 延長コード
  4. USB-C Digital AV Multiportアダプタ
  5. 29W USB‑C電源アダプタ
  6. USB-C - USB3ケーブル

持ち物は6個になってしまいますが、かさばる充電アダプタを2つも持ち歩きたくなかったので、ひとまずはこれに落ち着きました。

 

とにもかくにも、この手の端末はバッテリーが切れたらただの板ですから、ケーブルと電源アダプタは本体と同等に重要ですね。

以上、ご参考になれば幸いです(^^)