iPadファン

タブレット14枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

iPad(無印)にApple Pencilが対応!iPad Proとの違いは?

2018年3月のAppleさん発表を見て「そぉ来たか!」と思わず唸った佐々木です(^^)

ということで、ついに新しいiPadが発表になりました!

ウワサでは、iPad(無印)がさらに安くなって登場と囁かれておりましたが、まさかのApple Pencil対応とは!

そんなこんなで今回は、2018年3月発表のiPad(無印)について、iPad Proとの違いを中心にお話したいと思います(^^)

 

 

iPad(無印)とiPad Proの違いは?

iPad(無印)にApple Pencilが対応したことで、iPad Proとの違いはサイズと性能だけ、それともちろん、それに伴う価格の違いだけとなりました。

これまでにぼくは、「Apple Pencilが使えるProにするか、使えないけど安い無印にするか、どうしたらいいでしょう?」という相談メールを結構頂いておりましたが、今後は、Apple Pencilの有無で悩む必要はなくなりましたね!

まぁあとSmart KeyboardがiPad(無印)では使えませんが、そもそもぼくは、Smart Keyboard自体が使えた代物ではない(゚Д゚)と考えておりますので、本レビューではスルーなのです。

ちなみに、機能や性能の違いについての詳細比較は、公式サイトに詳しいのでそちらをご参照ください。

 

ここでちょいと余談ですが、ふとMacBookシリーズが思い出されまして、かのシリーズとiPadシリーズを比べるとこんな感じになります。

MacBookシリーズ iPadシリーズ
MacBook(無印)12インチ iPad(無印) 9.7インチ
MacBook Pro 13インチ iPad Pro 10.5インチ
MacBook Pro 15インチ iPad Pro 12.9インチ
無くなりそうなMacBook Air 無くなりそうなiPad mini

Appleさんは、画面サイズが微妙に違う廉価版を出すのが好きなんすかねー(^^;

無くなりそうな端末があるのも似ております(笑)

 

 

iPad(無印)とiPad Pro、どっちを選ぶ?

ということで機能(できること)は同等となり、違いはサイズと性能だけとなったiPadシリーズ。

なので改めて、どれを買ったらいいかをガイドしてみましょう。12.9インチも含めて。

 

大前提として

まず大前提として、9.7インチと10.5インチは、使用感として大差ありません。

9.7インチと10.5インチ、毎日交互に使っていると「確かに10.5インチのほうが大きいな」と感じますが、そんなふうに使われる人は滅多にいないでしょうし(^^;

アニメとか見ててもその迫力に違いは生じませんし、電子書籍を読んでどっちが読みやすいかと聞かれても「どっちも同じ」と答えます。

それに、ゴロ寝してiPadを使うときなんかは、9.7インチのほうがちょうどよいサイズのように思えます。

だから9.7インチか10.5インチかは、気にしなくていいでしょう。

ですが12.9インチともなると話は違ってきます。アレはもはや、モバイル端末ではなくデスクトップ端末です。『机に据え置きで使うiPad』と考えた方がいいでしょうね。

では以下から、ユーザー別にオススメのiPadを見て行きましょう。

 

iPad初めての人

「iPadとはどんなものか使ってみたい」という人は、ズバリ、iPad(無印)9.7インチがよいでしょう。

廉価版とはいえ他タブレットより高額ですから、その性能も十分あります。

電子書籍を読んだり、寝室で音楽聴いたり、テレビを見ながらネットで調べたりなど『読む聞く調べる』用途に最適です(^^)

今回のバージョンアップでは、Apple Pencil対応が目玉ではありますが、初回にセットで購入する必要があるのかと問われれば……必須ではないですね、オススメではありますが。

紙ノート代わりに手書きしたり、お絵かきしたりという『書く描く』用途が出てきたら、そのとき改めてApple Pencilを買ってもいいかと。

まぁ個人的には、「iPadの真価は手書きにこそある!」と思うので、予算に余裕があればApple Pencilもセットに購入されるといいですね。

童心に返って落書きするだけでも面白いですし、1万円もする文房具があると「せっかく買ったんだから使わなくては!」と思って活路も広がります(笑)

 

iPadで写真を撮りたい人

iPadで写真を撮りたい人は、カメラの性能差はけっこうありますからiPad Pro 10.5インチということにはなります……が、日本人はiPadで写真を撮らないような? 外国人は、iPadでけっこう写真を撮ると聞いたこともあるのですが。

まぁiPhoneがあれば間に合いますしね(^^;

 

ゴロ寝してアニメ見たい人

ぼくがスペック表で気になるのは、プロセッサの性能とかよりも『反射防止コーティング』です。

反射防止コーティングがされていないiPad(無印)の画面は、まるで鏡のように反射する恐れがあります。今回のiPad(無印)ではまだ確認できてませんが、かつてのiPadはそうでしたので。

さて、画面が鏡のようだとどうなるのか?

例えばゴロ寝してアニメ見ているとき、シーンの切り替えとかで画面が黒くなるじゃないですか。するとですね? 可愛い女の子見てニヤニヤしてた自分の顔がくっきり映っちゃうんですよ……!

いやもうそのときの興ざめ感といったら……orz

なのでアニメを始め、映画やドラマなどをiPadで見たい人は、『反射防止コーティング』されたiPad Pro 10.5インチがベストではあります……が、そのためだけにiPad Pro 10.5インチを選ぶのは割高感も否めません。

なので反射が気になったら、iPad(無印)の画面に『反射防止フィルムを貼る』という手もあります。

しかしその際は、フィルムによってApple Pencilの反応を損ねたりしますのでフィルム選びには注意しましょう。

反射防止コーティングのiPadにするまでのぼくは、『部屋を暗くして、画面を顔にメッチャ近づけて』アニメを見るという、アニメの注意書きをガン無視して視聴しておりました(^^; そうすれば反射はしませんが……お目々への負担がかなり心配なので推奨はしません、ハイ。

ちなみに、反射防止コーティングされたiPad Pro10.5インチにするにしても、2018年秋くらいに何かしらのバージョンアップをするかもしれないので、とくに急ぎでないなら、いまはまだ待っていたほうがいいでしょう。

 

iPadを紙ノート代わりに使いたい人

iPadシリーズとApple Pencilの組み合わせは、2018年現在、他社の追随を許さないほどズバ抜けておりまして、iPadを紙ノート代わりに使うことも可能です。

iPadでも、サードパーティ製スタイラスペンだったりすると、『まるでインクが切れかかっているボールペン』のように文字が書けず、すごいストレスなんです。だから実質的に使えないと思います。

でもiPadとApple Pencilなら、そんなことはまずありません。文字が書けるどころか、筆跡まで露骨に再現されてしまい、字が下手なぼくなんかは「ペン習字で練習しようかなぁ……」と思うほど。

デジタル機器なのにアナログ練習しなくてはならないとは……(^^;

なので紙ノート代わりにタブレットを使いたい人はiPadシリーズ一択で、いままでは、iPad Pro 10.5インチを選択すればよかったのですが、iPad(無印)もApple Pencil対応したことでちょいと悩ましくなりました。

ぼくが思うに、iPad(無印)でいいかなと思います。

紙ノート代わりとして使う分にはスペックはさほど必要ありませんし、前述の通り画面サイズも大きな違いはありませんので。

 

iPadでお絵かきしたい人(ライトユーザー)

「iPadで読書したり動画みたり調べ物したりするけど、お絵かきもしたい」

という人は、iPad(無印)かiPad Pro 10.5インチか、どちらかになるでしょう。

iPad Pro 12.9インチはデカすぎるので、例えばゴロ寝してアニメ見たりとかできませんので。

これも以前なら、iPad Pro 10.5インチ一択だったわけですが、今回のバージョンアップで悩ましくなりました(^^;

スペック表から推察するに、iPad(無印)でも、十二分にお絵かきできると思います。ぼくは初代iPad Pro 9.7インチを持っていますが、そのスペックとなんら遜色ありませんし、初代iPad Pro 9.7インチは、いまでもぜんぜんサクサクお絵かきできますので。

ただしiPad(無印)は、画面のリフレッシュレートというのが60Hzとのことです。これに対してiPad Pro 10.5インチは120Hz。

リフレッシュレートとは、端的にいえば『数値が大きいほどに画面が滑らかに動く』という値です。お絵かきにおいては、ペン先と描画線の追従速度などに影響するでしょう。

ただぼくの体感としては、60Hzと120Hzとでは、そこまで違いは感じられなかったんですよね。もちろん、両方を机に並べて描画を比べれば分かるんですが、やっぱり普通はそんな比較しないでしょうし(^^;

でも、ぼくより絵の上手い人に聞いてみたり、ブログレビューを読んでみたりすると、リフレッシュレートの違いを絶賛していたりもしました。

なので絵が上手になるほどに、リフレッシュレートは気になるのかもしれません。あるいは紙などアナログ画材からのスイッチする際に違和感が少なくなるとか。

ということで──

  • お絵かきに自信のある人なら、奮発してiPad Pro 10.5インチ!
    (でも購入は次期バージョンアップを待った方がいいかもね)
  • そうでないなら安価なiPad(無印)

──という感じでいいかなと思います(^^)

 

iPadでお絵かきしたい人(プロ、またはヘビーユーザー)

iPadでお絵かきしているとつくづく思うのが「もうちょい、あと一回り大きければ……!」ということ。

なので作業効率が重要となるプロや、毎日お絵かきするヘビーユーザーは、10.5インチあったとしても小さすぎると思います。

そういう人は、iPad Pro 12.9インチ一択ですね。リフレッシュレートも120Hzあります。

ただし前述の通り、iPad Pro 12.9インチは『デスクトップ端末』と割り切ってください。

これを片手で持って電子書籍を読むと重さで手がしびれますし(^^;、いわんやゴロ寝してアニメ見ようものならデカすぎて視界に収まらないわ、寝返り打つのも面倒だわ、いわんや手を滑らせて12.9インチが顔面直撃した日には……(((;゚Д゚)))

なので「ガチでお絵かきしてるけど、ゴロ寝してアニメも見たい」という人は、もう1枚iPadを買いましょう! もちろん安価なiPad(無印)を!

ちなみにiPadが2枚あるとですね、こんな使い方もできます!

f:id:sasa365:20180328134559j:plain f:id:sasa365:20180328134605j:plain

iPad Pro 12.9インチは描画用で、もう1枚のiPadには資料を表示させているのです!

これにより、マルチディスプレイができないiPad Proの描画領域不足が見事解消されまして!!

しかも液タブと違ってワイヤレスで、オマケに収納場所にも困らない!!!

個人的にはすごく気に入っている配置です。ま、道具がよくなったからといって画力が上がるわけではありませんが(^^; ちなみに写真は、30秒ドローイングという練習方法で画力向上に励む様子(笑)

欲をいえば、資料用のiPadも、Apple Pencilで操作できたらいいんですけどね。でもApple Pencilは『1枚のiPadに対して1本のApple Pencil』という対応(2018年3月現在)なものですから、ペアリングし直さないと、資料用iPadを操作できません。

でもまぁ、資料用iPadは指で操作すればいいのでそれほど問題ではありませんが。

そんなわけで、お絵かきのプロやヘビユーユーザーは、iPad Pro 12.9インチとiPad(無印)、2枚買いましょう(゚Д゚)

 

 

iPad Proの10.5インチの意義はいかに?

以上の購入ガイドを書いて気づいたのですが、iPad Pro 10.5インチの存在意義がグッと減ったような?

ただiPad Pro 10.5インチは、今秋か来年にはバージョンアップして、iPhone Xに近づくとも噂されてますし、そうでないと、Proの名前を冠している理由が曖昧になってしまいます。

つまり──

  • ベゼルレスで、筐体サイズはそのままに画面大型化
  • OLED(有機EL)ディスプレイ
  • ワイヤレス充電
  • Face ID

──などの実装ですね。

『何ができるか?』の機能がほぼ同じになったならば、『どれくらいサクサク動くか?』とか『どのくらい綺麗か?』の性能差が大きく違わないと、無印とProを分ける必要性が薄れます。

なので今回のiPad(無印)の発表は、iPad Proが、1年以内にフルモデルチェンジする前兆かもしれませんね。

そんなわけで今回購入を考えている人は、iPad(無印)にするか、またはiPad Proを狙って様子見か、どちらかにした方がいいと思いました。

 

教育現場への浸透を願い

最後の最後になりましたが、そもそも今回のバージョンアップによるAppleさんの本懐は、教育現場への普及なわけで。

個人的には「難しいんじゃないかなー?」と思うのですが、でもAppleさんにはぜひとも頑張って欲しいです。

そうしないと、かつてのMacのような憂き目にあって「使いたいアプリがiPadにない!」なんて悲劇が再来するかもしれませんので……

だから学校向けに割引きするとかじゃなくて、もういっそ、学校には無償配布しちゃえ!とか思いますけどねー(^^;

Appleさんは、ちょっとした国の国家予算並にキャッシュを持っているわけだし、いかがでしょ?

そんなこんなで、以上『iPad(無印)にApple Pencilが対応!iPad Proとの違いは?』でした!