iPadファン

タブレット10枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

iPhone XとiPhone 8とiPhone 8 Plusと、どれ選ぶ?

ついに出ました新型iPhone!

ウワサやリークと微妙に違う箇所もありますが、おおむね予想通りの発表となりましたね。

今回はiPhone誕生10周年ということで、てんこ盛り盛りに新機能が追加されておりますが、何はさておきまずは「どの機種に買い換えるか!?」が悩ましいですよね(^^;

というわけで新型iPhoneレビューの最初は、その選び方について考察してみたいと思います!

 

 

そもそもなぜ3機種も出たのか?

今回は10周年ということで、いままでの慣例と異なって3機種登場しました。

イレギュラーな存在がiPhone X(テン)ですね。ちなみにエックスではなくテンと読むそうです。

かつてのOS Xといい、Appleさんは何かとXが好きですねぇ?

 

iPhone XとiPhone 8シリーズの最たる違いといえば、もちろん価格であります。

税別の公式価格をまとめると下表の通り。

  64GB 256GB
iPhone 8 78,800円 95,800円
iPhone 8 Plus 89,800円 106,800円
iPhone X 112,800円 129,800円

iPhone 8からの価格差は下表です。64GBも256GBも価格差は一緒でした。

  64GB/256GBともに
iPhone 8 --
iPhone 8 Plus +11,000円
iPhone X +34,000円

iPhone 8 PlusとiPhone Xの価格差は下表。

  64GB/256GBともに
iPhone 8 Plus --
iPhone X +23,000円

 

価格差に伴い諸機能も色々違ってくるわけですが、それはおいおいレビューしていきますね。レビューしたらメルマガでお知らせしますので、読みたい方は 590g1r@a08.hm-f.jp に空メール送信ください。自動登録されます。

今回エントリーではざっくりと、最大の違いである価格差から、どのiPhoneを選んでいいのかを考えてみましょう。

もちろん、iPhone 8はエントリーモデルであり、iPhone Xがハイエンドモデルとなります。

ですがしかし!

ちょいと盲点があると思うのですよ。

 

 

iPhone 8シリーズは、順当な買い換え用……だが!

まず当然、ぼくのようなiPhoneフリークはiPhone X一択です。悩む必要ありません、ええ。

でもそういう人ばかりではないですから、なぜiPhone 8シリーズと同時リリースなのかといえば、iPhone 8はiPhone 6/6s/7からの買い換え用なんでしょうね。

とくにiPhone 6は、バッテリー摩耗が限界に来ているでしょうから買い換えざるを得ません。

でも「そこまでハイスペック機はいらないんだよな。メッセくらいしかしないし」というニーズも確かにあるかと思います。

そういったニーズに向けてiPhone 8はリリースされたのでしょう。

 

だからiPhone 6を使っているライトユーザーなら、iPhone 8に買い換えてもいいかもしれませんが……おすすめはしません。その理由は後述です。

さらに悩ましいのがiPhone 6 Plusのライトユーザーでありまして……これも後述です。

 

iPhone 6s/6s Plusのライトユーザーだとバッテリー残量が微妙なところですね。

使用方法によっては目減りしているでしょうから、目減りしている場合はiPhone 8、またはiPhone 8 Plusに買い替えでいいと思います。

 

iPhone 7/7 Plusのライトユーザーなら、今回は見送っていいでしょう。まだそこまでバッテリー摩耗してないでしょうから、来年か再来年に買い換えればよいかと思います。でもポケ○ンGOとかプレイしてて、バッテリーを激しく使っているような人は買い換えるか、バッテリー交換するかが必要かもですね。

 

 

iPhone 8 Plusは必要か?

普通に考えたら、iPhone 6 Plusを使っている人は、iPhone 8 Plusに乗り換えとなりますが……

そしてあえてPlusを選んだということは、大画面が欲しくて選んだのでしょう……

さてここで、大画面が必要な人が見落としてはいけないのが、iPhone Xは、iPhone 6 Plusより大画面だということです。

iPhone 6 Plusは5.5インチなのに対し、iPhone Xは5.8インチなのです……!

しかも、本体サイズはiPhone 6 Plusより小さい! なぜならiPhone Xはホームボタンがなくなったから、コンパクトボディでも画面をデカくできたわけです。

 

つまり、大画面なのにコンパクトというスグレモノ端末なのですね、iPhone X。

だからあなたがライトユーザーであったとしても、iPhone 6 Plusを使っているならば、iPhone Xは買い替え候補に挙げてもいいと思います。

価格差は+23,000円ありますが、最低2年は使うコンピュータですから、24ヶ月で割ったら月々約958円しかありません! なんということでしょう!! ……なんか、怪しい通販サイトになってきた(^^;

いずれにしても悩ましくなってきました。

 

iPhone 8シリーズを選ばない勇気

突然ですがぼくは、何事も極端が好きです。

だからこのエントリーでも、極端な提案をさせて頂きます。

『iPhone 6 Plusを使っていて、バッテリー摩耗によりそろそろ買い替えだけど、そこまで高機能は必要ないから、端末代は安く抑えたい』

──という人。こういう人はiPhone 8 Plusではなく、iPhone 6s Plusへの買い替えはいかがでしょうか? なにげに公式サイトでまだ取り扱っているのですよ(^^; 価格も、32GBで61,800円(税別)です。

同様の理屈で、4.7インチのiPhone 6を使っている人の買い替えも、iPhone 6sでよいということになります。

どちらの機種も新機能は使えませんが、性能的にはまだまだ十分すぎるほどです。メッセやメールやブラウジング程度なら、快適な動きを見せてくれることでしょう。

 

そして、iPhone 6s/6s Plusを使っているライトユーザーで、バッテリー残量が気になる場合のみ、同型機をもう一度買うのもなんですから、iPhone8/8 Plusでもいいかなと思います。

 

また前述の通り、iPhone 7/7 Plusなら見送っていいでしょう。

 

さらには、バッテリー交換という手もありますが、交換にはいろいろ条件がついているので、自分が交換できるのかはAppleさんにお尋ねください。バッテリー交換詳細ページへ

 

──と、ここで「せっかくの買い替えなのに型落ちはちょっと……」とためらったなら、それはもう迷わずiPhone Xを選びましょう! そんなあなたは立派なiPhoneフリークです!

なんだか引っかけ問題のようになりましたが(^^;

価格については、金利ゼロで分割すればなんとかなるさ! あるいはキャリアがどれほど吸収してくれるかですねー。

 

というわけで今回発表を見て「iPhone Xが出たなら、iPhone 8はいらなくない?」と思ったので真っ先にこの購入ガイドをアップ致しました。

ご参考になったなら幸いです!