iPadファン

タブレット10枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

iPhoneの写真アプリで転送・送信する方法

連日の雨により、コインランドリーを久しぶりに使った佐々木です(^^)

さて今回は、Apple純正『写真』アプリで、MacやiPadに写真を転送・送信する方法をお話致します!

というのもこの写真アプリ、細々と制約があって写真が転送できないこと多発するのですね。

でもiPhoneで写真撮るとこの写真アプリに格納されますので、別アプリを経由することなく、写真アプリだけで転送・送信ができるのがもっとも便利なのです。

そんなわけでその方法を動画も交えてお話していきましょう!

 

 

写真が転送・送信できないケース

写真アプリの転送・送信の主な方法と、それが使えないケースは下記の通りです。

  転送・送信できないケース
メール添付 写真サイズが大きすぎる時
AirDrop テザリング使用時
iCloudフォトライブラリ キャリア回線使用時
iCloud画像共有 ナシ

 

メール添付

お使いのプロバイダやメールサーバーにより、写真サイズが大きすぎると送信できない場合がありますね。

自分宛にメアドを入力するのも面倒ですし、おすすめの方法とはいえません。

 

AirDrop

Wi-Fi環境がなくとも、Apple製品間でファイルのやりとりができるという便利機能なんですが……たまに端末を認識しないことがあるのがネック(^^;

そして何よりも、iPhoneテザリング(インターネット共有)使用中はAirDropが使えなくなるのが最大の難点ですねぇ。何か技術的に不可能なことがあるのかしら?

ちなみにテザリングとは、iPhone経由でPCをネット接続する機能のことですね。

AirDropの使い方については『AirDropの使い方:自炊本の転送を動画で説明!』をご参照ください。事例はPDFファイルの転送ですが、写真転送も同じ操作です。

 

iCloudフォトライブラリ

撮影した写真を、ぜんぶ自動的にiCloudへ同期(アップ)してくれる機能で、ユーザーはなんも意識していなくとも、iPhoneで撮影した写真がiPadでもMacでも見られるスグレモノ……なのですが『ぜんぶ自動的に』であるがゆえに、キャリア回線使用時には同期されません。

つまり屋外で撮影した写真は即同期されないのですね。Wi-Fi環境がある場所に移動すると同期が始まります。まぁこれはキャリアの通信速度制限もあるのでやむを得ないのですが、このルールを知っておかないと「フォトライブラリをONにしているのになんで同期されないんだ!?」なんてイラリとします。まさにぼくがそうでスた(^^;

キャリア回線の通信速度制限が撤廃されて『ぜんぶ自動的にいつでも』同期できるようになれば非常に便利な機能だとは思うのですが……5G回線になったら撤廃されないかなぁ。

なお、この機能を使う場合は、以下の順にタップしていきONにしてください。
『設定(ギアのアイコン)>写真とカメラ>iCloudフォトライブラリのチェックをONにする』

 

iCloud画像共有

というわけで上記いずれも転送・送信にはいろいろ制約があるのですが、なんと、『iCloud画像共有』に関しては、その制約が一切ないのです……!

原理としては『iCloudフォトライブラリ』と同じなのですが、あっちが『ぜんぶ自動的に』転送するのに比べて、iCloud画像共有は『1枚ずつ手動で』転送できます。

iCloud画像共有は、本来、友達とかと写真をやりとりしたいときに使う機能ですが、自分の端末同士でやりとりしても文句はいわれませんのでご安心を(笑)

この方法なら、キャリア回線だろうがテザリング使用中だろうが、いつでもどんなときでも何かしらの回線がある限り写真を転送・送信できますのでとても便利です。

もちろん、たくさんの写真を、キャリア回線を使って送信しすぎると通信速度制限に引っかかる恐れがあるので、そこは気をつけてください。

そんなわけで、iCloud画像共有の使い方を動画にまとめましたのでご覧ください。

 

 

iCloud画像共有の使い方動画

 

というわけで以上、『iPhoneの写真アプリで転送・送信する方法』でした!

素敵なデジタルライフを〜♪