iPadファン

タブレット9枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

iPad Pro 10.5レビュー:新型10.5インチはおすすめか否か、まとめました

昨晩は『山田くんと7人の魔女』をiPad Pro 10.5インチで読みふけっていた佐々木です(^^)

さてこのところ、iPad Pro 10.5インチのレビューを書きまくりですが、ここでいったんまとめたいと思います。

結局、新型のiPad Pro 10.5インチはおすすめなのか、おすすめじゃないのか!?

先に結論をいうとこうなりますね。

なお、iPad(無印)とiPad Pro、どちらを選ぶかでお悩みの方は、無印9.7インチとPro10.5インチのサイズで選ぶのではなく、Apple Pencilの有無で選ぶ──つまり手書きしたいか否かで選ぶとよいでしょう。

iPad(無印)のコスパは非常によいと思いますが(性能のわりに安価)、ぼく個人としては、多少無理してでもApple Pencilが使えるiPad Proがおすすめですね。その理由についても後述しましょう。

ではまず、初めてiPad Proを買う人からお話していきます!

 

 

初めてiPad Proを買う人には新型10.5インチはおすすめ

iPad Proを初めて買う人には、新型10.5インチがおすすめです。

サイトやブログを見る・読むことに始まって、メールチェック・動画視聴・ゲームプレイなど、何でもこなしてくれる汎用端末です。

机の上でも、ソファに座ってでも、ベッドでゴロ寝してでも使えます(^^)

そしてなんといってもApple Pencilによる手書き! このフリーハンド機能は、今後ますます便利になっていくと思いますので、例えお絵かきしなくても重宝することとなるでしょう。

 

他社製品と比較してみても、iPad Pro 10.5インチは非常にユニークです。

Androidタブレットで、あそこまでフリーハンド入力ができる機種は2017年6月現在はないと思います。

そもそも、Androidタブレットは廉価版のラインナップが豊富ですから、廉価版で比較するならiPad(無印)との比較になります。今回は10.5インチがおすすめか否かのレビューなので軽く触れる程度ですが、AndroidタブレットとiPad(無印)を比較しても、iPad(無印)のほうが1万円前後高いものの、コスパはiPad(無印)のほうがよいかと思います。Androidタブレットキラーといっても過言ではないですね。

Surfaceとの比較では、そもそもSurfaceは2in1(キーボード脱着式)ノートPCを目指しているので、ライバルはiPad Pro 10.5インチではなく12.9インチでしょうね。

なぜかというと、2017年6月現在のSurfaceラインナップは12インチ以上のサイズで、重量も軒並み600gを越えています。

あのサイズ・あの重量ですと、汎用タブレットとはいいがたいです。とくにゴロ寝して使うのに支障でまくりですし、ソファに座って使うのでも両手でがっちりホールドしなければ重いっす。

だからあくまでも机の上で使うコンピュータですね。机の上でノートPCの代わりに使うわけです。

 

以上から、よくよく考えると、iPad Pro 10.5インチというのは現時点ではかなりユニークなのですね。

机の上でも、ソファに座ってでも、ベッドでゴロ寝してでも使えるし、しかもフリーハンドも最高度にできる。

その描画能力はWacom製液晶ペンタブレットと同等だとぼくは感じますし、さらにタッチ操作はWacomのソレを圧倒的に凌駕し、価格も安くて、ペン入力に限らず様々に使えますからコスパも段違い。

重量も400g台ですから、MacBook ProとiPad Pro 10.5インチ両方持ち歩いてもギリ大丈夫。iPad Pro 10.5インチがこれ以上重くなるとPCと一緒に持ち歩くにはつらいですが、Appleさんもこれ以上重くする気はないでしょう。

 

なのでiPad Pro 10.5インチは何でも使える汎用タブレットだとぼくは考えています。

ただしもちろん汎用なだけあって専用端末には勝てない部分もあります。

それがガチでお絵かきするときですね。作画には、10.5インチは小さすぎるとぼくは感じています。

毎日お絵かきするようなプロのイラストレーターや絵師には10.5インチではキツいでしょう。まぁそこはプロですから各人の仕事環境にベストな専用端末を購入するべきと思います。

でも10.5インチでもお絵かきできなくはありませんから──画面がちょっと小さくて描きにくくはあるものの描画性能は12.9インチと同じですから、アイディアやラフをスケッチするとか、屋外でお絵かきするとか、机の上でちょちょいと下書きするとか、そういう用途には10.5インチは向いておりますね。

あとは「趣味でのお絵かきだから、iPad Proを10.5インチも12.9インチも両方買うのはちょっと……」そういう人には、10.5インチが特におすすめ。液タブ欲しいけど手が届かないという人にも。

液タブ、iPad Pro以上に高いですからね(ToT) しかもPC周辺機器だからお絵かき以外の用途が使えない……!

でもiPad Pro 10.5インチなら『お絵かき“も”できる』わけです(^^)

まぁぼくの場合……趣味でお絵かきしているだけなのに、Wacomの液タブ(13インチ)をついに購入した!と思ったらその半年後にiPad Proが登場したんですが(ToT)

それ以降、iPad関係の情報をこまめにチェックするようになりました(^^;

 

 

iPad Pro 12.9インチをお持ちの人にも新型10.5インチはおすすめ

iPad Pro 12.9インチをすでにお持ちの方で「もうちょい小さいiPad Proもあると便利かも」と感じている人は、新型10.5インチはおすすめです。

12.9インチと10.5インチの使い勝手は、明らかに違います。

何より12.9インチはゴロ寝して使えませんでしょ?

例えばゴロ寝してアニメ視聴しようとしても……画面、デカすぎて見にくいっす(^^; かてて加えてその重量は600g台と重いから、片手で持ち続けていたら、指の付け根が腱鞘炎になること請け合いです……orz

ですがこれが400g台の10.5インチになりますと、前述の通りどこでも使うことができます。机の上でも、ソファに座っても、ゴロ寝してでも。

つまり取り回しがグッとラクになるのです。

 

まぁ強いていえば、電車の中で吊革に掴まっての使用は……厳しかったなぁ(^^; だから立って使うにはiPad Pro 10.5インチは不向き。

電車内で吊革に掴まってでしたら、iPad miniがちょうどよかったですが、最近のAppleさんはiPad miniの扱いがぞんざいですから、いつ生産終了になるとも分かりません。

なのでぼくはiPhone Plusにして、電車内では5.5インチの画面を重用しておりますね。

 

それと机の上であっても、ちょっとしたメモ代わりとかには、12.9インチより10.5インチのほうがラクです。

ぼくが12.9インチしか持っていなかったとき、例えば思考を図解したいときや、デザインラフを描きたいとき、12.9インチですと「よっこらしょ」と感じながら取り出す必要がありました。

これが10.5インチですと、そんなことは思うこともなく、あたかもコピー用紙を1枚取り出すかのように──はいささか大げさですが(^^;、とにもかくにもキーボード&マウスから、気負うことなくスィッと指&Apple Pencilにスイッチできます。

わずかな違いに聞こえるかもしれませんが『スィッとスイッチ』できるこの感覚。これが非常に重要だと思う最近なのですね。

なぜなら、ただでさえ仕事するのは気が重いですから(゚Д゚)、それを支える道具まで重いのは頂けないわけです。物理的にも心理的にも。

iOS11になると、ロック画面をApple Pencilでタッチするだけでメモアプリが立ち上がるそうですから、『スィッとスイッチ』はますます加速するものと思います。

ってかこの機能、iPhoneにこそほしいんですが……次のiPhoneではApple Pencil使わせてくれるのかなぁ?

 

さらに今後のiPad Pro 12.9インチは『ノートPCの代わり』という用途も考えられますが……Appleさんもそれを押しておりますが、2017年時点では、ぼくはまだ時期尚早だと思います。

2017年秋リリース予定のiOS11は、macOSの機能をだいぶ取り込むことになりますが、それでもまだ見送ったほうがいいかなという予想です。

なぜならば!

マウスが使えませんからね(ToT)

ほぼノートPCのスタイルでマウスが使えない、しかもトラックパッドもないようでは、非常に不便だと思われます。

ぼくはiPad Pro 12.9インチをノートPCとして使ってみようと何度もトライしましたが……文章を書くだけでもマウスがないと不便ですね。

まぁ、急ぎのメールを簡単に打ち返す、くらいならできると思いますが、このエントリーくらいの文章量を書くとなると、マウスがなくちゃ不便なのです。

「慣れの問題かも」と思って我慢してiPad Proを使ってみましたが……画面とキーボードの行き来で肩が腱鞘炎になりそうだったのでやめました(^^;

さらには画面が汚れる汚れる(ToT)

ただでさえ、キーボードとマウスの行き来でぼくは右肩が腱鞘炎なのです。柔軟体操でだいぶ軽減はしましたが。

これが、さらに大きな可動域を強いるキーボードと画面の行き来では腱鞘炎が悪化することと思います。しかも両肩が!

というわけでこのブログでは本当にくどくど書いておりますが、iPad Proにマウスを。あるいは、マウスに代わるもっと素晴らしい入力デバイスを。それがないとiPad ProはノートPCの代わりになれないと思います。

Apple Pencilは素晴らしい入力デバイスですけれども、あくまでもアナログ入力が素晴らしいのであって、誤字脱字の範囲選択するだけでも苦労しますよ、ペン型だと。

あー。Apple Pencilのお尻に消しゴム機能を割り当てて、あるいはツータップなどのジェスチャーによって、タイピングの文字ですら消せるとかだったらまだマシになるかな?

 

 

iPad Pro 9.7インチをお持ちの人にはおすすめじゃない

2016年に発売されたiPad Pro 9.7インチをすでにお持ちの人は、わざわざ新型10.5インチに買い換える必要はないでしょう。

様々にスペックアップされているものの、ぼくは体感として違いを感じられませんでした。

いやもちろん、微妙な違いは分かりますけれども、それは9.7インチと10.5インチを1日おきに交互に使ってみて、ようやく「まぁスペックアップしているかな……?」という程度です。

サイズが約20%大きくなった程度で使用感に違いは出ませんし、リフレッシュレートが倍になったところで、驚くほど動きがよくなったり、Apple Pencilの反応速度を実感できるようにはなりませんでした。

メディアの事前レビューや展示会レビューを読み込んで、ぼくはすっごく期待してたんですが……あの人たちは本当に違いを実感しているというのでしょうか? ほとんどのITライターが、絵も描かなければデザインもしなければ動画も作らないというのに。

数世代前のiPadや、Androidタブレットなどからのスイッチなら話は分かるのですが、一世代前のiPad Pro 9.7インチとの違いはほぼ実感しないと思います。

まぁぼくの期待値が無駄に高かった、ということもありますが(^^;

ということでこのタイミングでわざわざ買い換える必要はないですね。

買い替え資金を貯金しておき、来たるべきデザイン刷新の日まで待っていたほうがいいでしょう。

詳しくは下記レビューもお読みください。

 

なぜ、Apple Pencilが必要なのか?

最後に、iPad(無印)とiPad Proの比較もしておきましょう。

どっちがおすすめかといわれたら、ぼくは断然iPad Pro 10.5インチです。

価格が高いですが、多少無理すれば手が届くのなら、iPad Proのほうがいいでしょう。

なぜかというと、今後のタブレットに不可欠な機能がフリーハンド入力であり、つまりはApple Pencilであるからです。

 

誤解を恐れずいえば、ノートPCとタブレットの違いは、いまや手書きできるか否かだけ、といっていいでしょう。

もちろん最近は、フリーハンド入力できるノートPCもありますが、しかし、ガチでフリーハンド入力したいのならキーボードが邪魔です。

キーボードが付いているだけで、机の上限定になりますし、ペンが持ちにくくなります。机の上でも、ソファに座ってでも、ベッドでゴロ寝してでもペンが使えるようになるには──つまり紙のように使えるようになるには『パソコンの形』ではダメなのですね。

だからキーボードは必然的に脱着することになり、つまりそれはタブレットということです。

まぁ最終的にはタブレットがノートPCの機能を取り込み、融合していくことになるのでしょう。

 

フリーハンド入力は──つまりアナログ入力は、いままでのコンピュータが最も不得手としていた機能でした。

数年前までは、熟達技能を要求された板状ペンタブレットか、大変高価で巨大な液晶ペンタブレットかが必要でしたからね。

しかも、それに対応できるソフトやアプリも限られていたし、そもそも、それほどの設備を揃えても『紙に描くよう』にはいかなかったのです。指二本で画面回転なんてできなかったんですよ、数年前までは(^^;

それがiPad Proの登場により、あたかも『画面の中に紙が入っているかのよう』に描画できるようになってきた。

もちろん、本物の紙と比べたらまだまだ至らない点もありますが、あとは性能をよりアップさせていけば、紙と瓜二つになってくると思います。

その先鞭を、iPad Proが、ひいてはApple Pencilがつけたわけです。

 

つまり、現状でフリーハンド入力が必要なかったとしても、それは『そもそもフリーハンド入力できる環境がなかったから発想が出てこないだけ』かもしれない、というわけです。

道具に発想を制限されるのは頂けませんが、その危険性が否めないのであれば、いっそ道具を拡張してしまったほうが早いでしょう。

だから道具が揃っていれば、手書きするシーンも自ずと増えてくるのではないかと思います。

まぁ、単純に画面に落書きするだけでも楽しいですから(^^)

 

ということでぼくは、iPad(無印)よりiPad Pro 10.5インチがおすすめなのですね。

以上、ご購入の参考になれば幸いです(^^)