読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPadファン

タブレット7枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

iPhone/iPadの写真管理と整理におすすめの無料アプリとは?

動画で分かるiPhone/iPad/Macの使い方

今回は、読者さんからご質問頂いておりました『写真の管理と整理』について。

写真はけっこうな保存容量を食いますからね。でもクラウドに上げっぱなしだと利用料もかさんでしまいますので、なるべく無料で、かつ効率的に写真管理をしたいものです。

ぼくは、写真のためにクラウドストレージ(iCloudなど)の有料容量は使っていません。無料容量の範囲でまかなっています。

それと使っているアプリは無料の──というかデフォルトの『写真』アプリ!

もちろん写真アプリは、効率よく管理できるアプリとは言いがたいのですが、とある事情からぼくは写真アプリを使っているのですね。

ではその『とある事情』とはなんでしょうか?

 

 

写真管理の基本方針

アプリの使い方に入る前に、写真管理の基本的な方針を3つお話ししましょう。

  1. クラウドストレージは使わず、Mac(またはWindows)に写真を保存する。
  2. 人間や端末間で共有したい写真だけクラウドに残す。
  3. こまめに整理する。

この3つです。以下、それぞれの理由を述べてみたいと思います。

 

1.クラウドストレージは使わず、Mac(またはWindows)に写真を保存する

やっぱりMacのほうが管理は圧倒的にラク。なんといっても『無料で自由』ですからね。

まぁ最近は、無料で容量無制限なんてクラウドも出てきましたので、金銭面の負担はだいぶ減りましたが──例えば『Googleフォト』アプリを使えば、実質無料で写真を無制限にアップできますが、しかし写真管理はイマイチかなぁと思います。アップに時間がかかるという話も聞きますし。

そもそもGoogleには『写真などのデータを管理する』という概念があまりないと思うんですね。『データは検索で探せばいい』という発想っぽいので。画像検索はまだまだだと思いますが「近いうち画像検索は向上するからいいでしょ?」という印象ですね(^^;

 

あとはOS設計思想の違いが大きい。

iOSというのは『データをアプリで管理する』という考え方なので、データを仕分けるにしても限界があります。『フォルダ』という従来の考え方が原則ないので、フォルダを入れ子にして整理整頓することができない。

これに対してmacOSは『データをフォルダで管理する』ですから、ユーザーがいくらでも自由に仕分けることができるのです。

初心者にとっては、iOSのように『データをアプリで管理』のほうが取っつきやすくてよいと思うのですが、ある程度慣れてきて、より自由度の高いコンピューティングをしたいのなら、macOSの『データをフォルダで管理』のほうが自由度があってよいのですね。

それと、写真を管理するのにタップ操作ではやっぱり操作に時間がかかります。この辺、マウス操作のほうが圧倒的にラクなのですよ。

だからぼくは、写真はMacにダウンロードします。ダウンロード方法は後述しますね。

 

2.人間や端末と共有したい写真だけクラウドに残す

例えば友達と写真共有したいときや、iPhoneやiPadなど端末間で同じ写真を見たいとき。

そういう写真の場合だけ、iCloudなどのクラウドストレージに写真を残すようにぼくはしております。

前述の通り、写真はMacに落として、そこで整理整頓して保存しますので、そうなるとクラウドに残しておく理由があまりないのです。とくにiCloudは、2017年現在は有料ストレージはけっこうお高いですしね。2TBが2500円ですから、2TBのHDDが半年で1台買えます(^^;

 

例えばぼくの場合、お絵かきに使う作画資料は、iPhoneでもiPadでもMacでも、いつでもどこでも見られるようにしたいので写真アプリの『共有』に保存しています。

電子書籍を読んでて萌える!絵柄があったとき、はたまたアニメでかっこいい構図があったとき、そんなときは画面キャプチャをパシャリと取っておいて写真アプリの『共有』に保存しております、こまめに。

すると、共有画面はこんな感じに萌え萌えに!(゚Д゚)

f:id:sasa365:20170116150712j:plain

なお上3枚はゲーム『ウチの姫さまがいちばんカワイイ』の姫様たち(><)bで、下1枚はアニメ『この美術部には問題がある』のコレットちゃん(の変顔)♪(´ε`)

 

作画資料以外の写真は、Macにダウンロードしたのち削除、という使い方です。こうすることでiCloudは無料ストレージで済ませています。

共有に関する操作方法も後述致しましょう。

 

3.こまめに整理する

あとは、上記の1番2番の操作をこまめに行う、ということですね。

整理整頓を何年も放置しておき、iCloudが満杯なってからいざ操作しようと思うと……すっげぇ時間かかります(^^;

というか実際に、過去、ぼくはそのドツボにハマりまして(^^;

iCloudがいっぱいになってしまい、写真よりも重要なメール領域なども圧迫しかねなくなり、締め切り間際でくそ忙しいというのに1時間以上えんえんと写真整理を強制されて……結果、整理にめげて写真を全部削除してしまいました(^^;

今後はこういうことが起こらないよう、気がついたときにちまちま整理するようにしています。何事も、塵が積もれば山となるわけですね(^^)

 

 

なぜ写真アプリなのか?

ではアプリの話に入りましょう。

前述の通り、ぼくはiOSデフォルト(初期から入っている)の『写真』アプリを使用しています。

これにも理由は3つあります。

  1. 無料だから
  2. 『カメラ』アプリと連動しているから
  3. Macと同期しているから

この3つです。

まず無料については説明するまでもありませんね。無料、素晴らしい(><)b

次のカメラアプリとの連動とは、つまり、iPhoneやiPadのカメラで撮影したとき、そのデータが最初に格納されるのが『写真』アプリだからです。写真データを移動させたり、同期されるのを待ったりする手間暇が省けます。

最後のMacとの同期についてもほぼ同様。特別な操作の必要なく、iPhoneで撮影した写真が気づけば勝手にMacの写真アプリにも入っているのが便利だから(Windowsはダウンロードボタンを押す必要ありますが)。

まぁ同期には多少時間かかるのですが、でもMacの写真アプリは整理整頓に使うだけなので、撮影してすぐ同期されてないと困るようなこともありません。

以上の3点が気に入っているので、ぼくは写真アプリを使っている次第です。

写真保存は、Mac(の外付けHDD)なわけですから、写真アプリは一時保存場所に過ぎないわけで、その一時保存のために手間暇かけてアプリを厳選したくないのですわ。だからデフォルトの写真アプリというわけでもあります。

 

 

写真アプリの初期設定

では実際に、写真アプリの使い方に移っていきましょう。

まず、iPhone/iPad/Mac(またはWindowsPC)の初期設定します。この初期設定操作は1度のみです。

『iCloud フォトライブラリ』というのをONにしてあげる必要があるのですね。この機能をONにすれば、例えばiPhoneで撮影した写真が、iPadでもMacでも自動的に共有されるようになるわけです。

その初期設定を動画でご覧ください。

 

1.iPhone/iPadの『iCloud フォトライブラリ』をONにする方法

 

2.Mac(またはWindows)の『iCloud フォトライブラリ』をONにする方法

[Macの場合]

 

[Windowsの場合]

※Windowsは『iCloud』ソフトをダウンロードする必要があります。動画内で説明しているダウンロードページはこちらです。

 

写真アプリを使っての整理整頓

初期設定ができたところで、いよいよ写真アプリを使っての整理整頓と行きましょう。

 

[Macの場合]

 

[Windowsの場合]

 

『iCloud共有写真』に入れるとMacにダウンロードできないので……

写真を共有して、iPhoneでもiPadでもMacでも見たい場合は、ぼくは『iCloud共有写真』にいれて、ごく簡単に写真を仕分けしております。

こんな感じですね。

f:id:sasa365:20170116153106j:plain

ただし、この写真共有機能を使うと、なぜかMacにダウンロードできなくなるんですよ。この現象、たぶん不具合か何かだと思いますが、2017年1月現在も解消されておりません。

なので、『iCloud共有写真』へのアップ方法と、あとはMacにダウンロードするコツも動画でご説明致しましょう。

 

まとめ

以上、iPhone/iPadの写真管理と整理についてでした。

人工知能がもっと発展すれば画像検索の精度も向上し、写真整理する必要もないくらいになるかもですが、現状、画像検索はまだまだですから、人間様が整理整頓するしかない、ということですね。

最大のポイントは、やはり『こまめにやる』です(^^;

どんなアプリを使おうとも、こまめな整理整頓に勝るものはありません。仕事合間の5分とか、移動中の電車内とか、そういった細切れ時間にも整理整頓はできますので、とくに写真をコレクションしたい人などは、ぜひこまめに整理整頓してくださいね〜(^^)/