iPadファン

タブレット9枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

2017年新型iPad Proは、どうやってベゼルレスで10インチになるか?

ここ数年のApple噂話は、工場発であることが多いので、おおよそ正確です。

その噂話では、どうやら2017年には、iPad Pro 9.7インチは新型になり、iPhone 8も出るようです。

大きな変更点はこんな感じ。

  • 画面がベゼルレスになる。
  • ベゼルレスにより、本体の縦横サイズは変わらず10インチ台になる。

ということで今回は、2017年に思いを馳せて楽しんでみたいと思います!

 

 

ベゼルってなんだ?

そもそも、ベゼルレスの『ベゼル』ってなんでしょう?

一言でいえば、iPadやiPhoneの、画面縁の余白のことですね。

下図で、赤斜線で塗っている範囲がベゼルです。

f:id:sasa365:20161203133109p:plain

初代iPadは、重くてデカかったので、このベゼルを持って操作したのでしょうけれども、薄型軽量化が激しい昨今では、もはや無用の長物といえます。

iPadの限りあるスペースを、できるだけ有効活用しましょう、ということでもありますね。

ベゼルがなくなると、手のひらがタッチパネルに当たってしまう、という現象は当然考えられますが、そこはOSレベルで改善可能だと思いますので、『手のひらがタッチパネルの縁に当たってても反応させない』くらいの芸当はして頂きたいところですね。

よって、このベゼルをなくす=ベゼルレスにすることにより、iPad本体の縦横サイズは変えずに、画面を大きくすることが可能となるわけです。

iPad Pro 9.7インチは、10.5インチか、もしくは10.9インチにまでなるとのこと。

ちなみにiPhone 8も、ベゼルレスになること濃厚です。

 

 

こんな感じでベゼルがなくなるんじゃないかな?

ただ、ベゼルレスを阻む要因は2つあります。

本体上のカメラレンズと、iPhoneの場合は通話スピーカーが邪魔。そして本体下のホームボタンも邪魔です。

 

ただしホームボタンは、iPhone 7ですでに感圧センサー式になっています。センサーになっているということは、そもそも、ボタンの形をしている必要ないんですよね。

iPhone 7の感圧センサー式ホームボタンは、『ボタンを押している』というよりも、『本体下をプレートごと押し込んでいる』という感触です。なのでもはや、ボタンっぽく凹んでいなくても大丈夫だと思います。

この感触は慣れと好みによりますが、ぼくはとても好き(^^) ボタンが凹むというアナログな感触より、デジタルによるバイブ振動のほうが好みとは、ぼくは根っからのデジタル人間なのですねぇ。

まぁ、指紋認証とか細かな調整は必要でしょうけれども、Appleさん、画面タッチで指紋認証できる特許も取ったようですし。(指紋認証、そんな使ってないけどなぁ……)

 

というわけで、Appleさんとしては『ホームボタンをなくす準備は万端』といったところなのでしょう。

そうなると問題なのは、本体上のカメラと通話スピーカーです。

完全なベゼルレスにするには、このカメラとスピーカーがどうしても邪魔。

そこで、ちょうどよい収まり具合を考えてみました──ぼくが勝手に(^^;

それが下図!

f:id:sasa365:20161202210055p:plain

画面の上に、Wi-Fiマークとか、時間表示とか、バッテリー残量とかの表示があるじゃないですか。

このスペース、コンテンツ表示スペースとしては死んでいるので、だったらソコに、カメラレンズを埋め込んでしまえばいいわけです。

時間表示をちょっと左にずらして、カメラレンズを画面に埋め込む、という発想ですね。

 

ちなみにiPhoneだとこんな感じ。通話スピーカーも、画面内に埋め込んでしまへ、という感じです。

f:id:sasa365:20161202210059p:plain

時間表示やバッテリー表示は、コンテンツ表示では使わないので、そこに通話スピーカーの『穴』が空いてても問題ないわけです。

上図では、ベゼルを若干残してますが、実際は、ベゼルがまったくもってなくなる可能性もありますね。

そうなると、デザイン的にも無駄なくスタイリッシュになって、とてもよいと思います(^^)

 

 

ベゼルレスの恩恵は、iPhoneのほうが大きい

個人的に思うのは、iPad Pro 9.7インチは、もう十分画面大きいので、ベゼルレスになっても、それほどインパクトなさそうです。

このベゼルレスの恩恵を受けるのは、なんといってもiPhone 8でしょう。

とくにiPhone 8 Plus!

iPhone 7 Plusは現状5.5インチで、これを横にすれば、A4サイズのPDFも読むこと可能なのですが、欲をいえば、あともうちょい、もう少しだけ大きくして欲しかったのですよ。

そうすれば、画面ををいちいち拡大することもないので。

なので、わずか1インチ大きくなったとしても、それは大きなインパクトになると思うのですね。

iPhone 8、楽しみです。

つい先月、iPhone 7 Plusを買ったばかりだけど(^^;

 

iPad Proは、10インチより16インチを出してくれ!

噂話では、iPad Pro 9.7インチが10インチになることばかり囁かれておりますが、ぼく個人としては、12.9インチを16インチにしてほしい。

あるいは、16インチを新たにラインナップしてほしい。本体サイズを大きくして構わないから。

12.9インチを使っていて常々思うことは、これはもうデスクトップマシンなんですよ。

A4表示もほぼ原寸大で表示できるから、ソファに座って電子雑誌を読書できなくもないですが……手が疲れます、重くて(^^; 両手でがっちり持たねばなりませんし。

だからiPad Pro 12.9インチの主な用途は、机の上でお絵かき用なのですね。

あとは、テーブルの上に置いて、アニメ見ながら独り食事をするとか……(ToT)

いずれにしても、机やテーブルの上において使うデスクトップマシンということです。基本、手に持たないから大きさやサイズはさほど気になりません。16インチといっても、ノートPCと同じ程度ですからね。

 

それと、Apple Pencil。これをフル活用するにも、12.9インチではいささか小さく感じます。

Appleさんは、自ら生み出した革新的な入力デバイスであるApple Pencilを過小評価しているんじゃないかなぁ? Apple Pencilは、マウス、タッチパネルに次ぐ次世代型入力デバイスだとぼくは思ってるんですが。

だからこそ、Macでも使わせてほしいのだけど、『Macはパソコン、iPadは紙』という思想を貫き通すのであれば、百歩譲って、Apple PencilのMac対応は諦めます。

諦めますが、だったら16インチ以上のiPad Proを出してよまぢで(ToT)

12.9インチだと、レイヤーパネルとかカラーパネルとかを開きっぱなしにできないのです。各種お絵かきアプリともに工夫を凝らし、だいぶ使いやすくなってはいますが、でもやっぱり、開きっぱなしがいちばん使いやすいのはいうまでもありません。

12.9インチだと、この開きっぱなしができないのですねスペース的に。1列はギリギリできるけど2列になったらもう狭い。

先日、WacomのMobileStudio Pro 15.6インチを体験してきましたが、15.6インチサイズは本当に素晴らしかった。あのサイズで、iPadの操作性と、Apple Pencilの描画能力が加われば、ほんと、とんでもない『紙』になると思うのですけどね。

アナログでのお絵かきだって、紙と鉛筆と消しゴムと、色鉛筆やら絵の具やら、ときには画板やイーゼルも必要なのですから、それを、iPad Pro 16インチとApple Pencilが1本あれば、いつでもどこでもお絵かきできる(=フリーハンド表現できる)というのはすんごいと思うんだけどなー。

ビジネス用途としての、図表や指示書きの入力は、iPad Pro 10インチで十分だから、クリエイティブ用に、16インチを出して欲しいと切に願う今日この頃です。

 

Appleが戦うべきはMicrosoftではなく、GoogleやAmazon

蛇足として、iPadやiPhoneを取り巻く環境についてと、その近い将来についても考えてみたいと思います。

まず、iPadやMacの対抗馬としては、MicrosoftのSurfaceが筆頭にあがることと思います。

最近は、Surface Studioなんて端末も出してきましたから、Microsoftは、本気で、Apple潰しに乗り出そうとしているのかもしれません。

何しろSurfaceは、iPadやMacでは『やらせてくれない操作』のほとんどを網羅してますからね。Appleのユーザー体験を徹底的にベンチマークしてますねー。詳しくは『Surface Studioでイラスト描けるか? iMacとiPad Proはどう出る!?』にて。

 

Microsoftのこのやり口を観察していると、80年代〜90年代にかけての、AppleとMicrosoftの熾烈なシェア争いが思い出されます──ってか、そのころぼくはまだ小学生だったので思い出すどころか知るよしもありませんでしたが(^^;

Macは、操作性やデザイン性が圧倒的に優れていたので、Windowsの4〜5倍はシェアを持っていたそうです。ですが、その操作性をまんまとパクられ、マーケティング的にも徹底的に負かされて、96年〜97年にはシェアが逆転、その後のAppleは、倒産寸前にまで追い詰められたわけです。まぁそのあと、鬼才ジョブズが現場復帰して、奇跡の生還を果たすわけですが。

この90年代のシェア争いが、いま、タブレット市場で目下進行中、のように見えなくもないですね。

でも、ジョブズさんはもう復帰できません。

かつてのように、Microsoftは、iPadのイイトコ取りをしようとしている。Microsoftは伝統的にマーケティングがお上手ですし、さらには、ビジネスユースで圧倒的なシェアを持っていますし、Microsoftがその気になれば、iPadなんて簡単に吹き飛んでしまうかもしれません。

 

ただし、90年代のシェア争いとは全く違う要因が2つあります。

それが、GoogleとAmazonの存在です。

モバイルファーストなどという言葉が生まれてから久しいですが、ようは、iPhone登場以降、ユーザーは、パソコンではなくスマホをたくさん使っている、ということ。

この現象も、生みの親はAppleなのに、世界シェアは、後発のGoogleにあっけなく奪われてしまいました。

 

「iPhoneはブランドなのだから、高価格帯で少数の富裕層に売ればいい。例えばフェラーリのように」

などという意見も聞いたことありますが、比喩対象が違うとぼくは思うのです。

フェラーリなどの自動車は、あくまでも道具。つまり、それ単体で機能します。だから、小ロット高価格での商売が成り立つわけです。

これに対してスマホは、道具の範疇を越えて、いまやインフラなのです。

インフラというのは、普及してナンボ。例えるならば電車です。線路があまねく普及してなければ、電車は役に立たないわけです。

iPhoneという電車が苦境に立たされつつあるのは、iOSという線路の普及が滞り始めているから。もし、かつてのMacのように、シェアが10%を下回ってしまったならば、当然、アプリ開発者はiOS用アプリ開発を後回しにします。

その結果──「このアプリ、iPhoneには対応してない!」などという悪夢が再来します。Macのように(ToT)

つまりiPhoneはブランドではありますが、そのブランド価値は、普及させてナンボの価値である、ということなのです。高機能だからとか、デザインが優れているかだとか、そういうことはオマケにすぎず、本来価値は、あくまでも『シェア』です。

くどいようですが、これは、スマホがインフラだからです。

なのにAppleさんは、モバイルユースではGoogleにシェアを奪われ、ビジネスユースではMicrosoftに及ばないわけです。

 

さらにいえば、今後、とてつもなく強大になりそうなのがAmazonであります。

Amazonというサイトは、ECサイトの範疇をとっくに越えてしまっています。

Amazonは、『Amazonというプラットホーム』を土台にして、物流を押さえ、さらには決済まで押さえて、凄まじいことに、それをきちんと活用しはじめているのです……! しかも世界的に!

Amazonはプラットホーム──つまり駅ですから、その線路は、iOSであろうとAndroidであろうとどちらでもいいわけです。

しかも、さらなる物流強化のために自社配達やドローン配達の実験をしていますし、そもそも、決済情報を取れるということが致命的に強い。たぶん、Googleさんは、喉から手が出るほど欲しいことでしょう決済情報を。

なぜなら、人間の趣味趣向がダダ漏れだからなのです、決済情報には。

なぜ決済情報がすごいのかというと、例えば──
『Aさんはコレを買っている。Bさんもコレを買っている。であれば、AさんBさんと似ている趣向のCさんもコレを買うはずだ』
──という分析が、決済情報から透けて見えるから、なのです。

この例えをもっと複雑高度に分析しているのが人工知能です。

ですが、人工知能がどんなに発達しても、そもそもの元ネタとなる情報がないとディープラーニングも何もあったものではないのです。

例えば将棋。過去の棋士たちによる膨大な棋譜があるからこそ、それを読み込んだ人工知能は人間様に勝てるわけです。

つまり将棋の電脳戦は、人工知能と戦っているのではないのです。『現役棋士』VS『過去の棋士たち』──つまり一対多数の戦いなのです! そのナビゲート役をしているのが人工知能に過ぎません。

それはあたかも現役棋士が、偉大な先人達の亡霊と戦っているようなもの! なんという少年誌的展開!!

話がそれました(^^;

というわけで人工知能といえども、良質なインプットデータがなくちゃ分析できない、ということなのですね。

Googleは量でカバーしてますが、Amazonは高品質なデータを握っているとぼくは勝手に推測している次第です。決済情報により。

 

無論、Googleも手をこまねいているだけではありません。

人工知能は、人が生み出す膨大なデータ──いわゆるビッグデータがないと何にもできませんから、Googleは、『物理空間で情報収集をするためのブイ』を放ったわけです。

それがAndroid。最近は、自社開発の新スマホ『Pixel』も出しましたしね。

このAndroidを用いて、ネット世界だけでは飽き足らず、現実世界の行動情報や位置情報をも収集しようとしているのでしょう。

その先兵がGoogleマップですな。

さらには、Google Homeで、家電業界にも打って出たのです。近い将来、皆様のご家庭内での立ち振る舞いが、Googleさんに丸見えになりますね!

まぁだから、プライバシー団体が何かと騒いでるんでしょうけれども、Googleとしては、『個人を特定できる』技術を保有していたとしても、使わないと思いますけどね。利益的に意味ないから。

 

さて、こうなってくると。

iPhoneとかSurfaceとか、そういう話ではなくなってくるのです。

様々な手段で取得・分析された情報は、すべて、クラウドで統合・提供されることになるのですから。

クラウドを制するものがITを制し、ITを制するものは世界を制する、かもしれません。昔から、情報を独り占めしている独裁者は強かったように。

ただしITは、情報を独占はしません。情報は解放しています。ですが、情報のプラットホームであることが何よりも重要です。なぜならそこに人が集まるから。

まぁ平たくいうと、人が集まるところに価値があるということです。

 

IT陰謀論とかそういうことを語りたいわけではなく、より快適でより便利な暮らしを、“人の手を介さず”提供しようと思うなら、そういうデータが必要なのです。もちろんそこに富の源泉があるからですが。

だから、Amazonはネット上で貴重な決済情報を採取しまくり、Googleはリアル世界でもあらゆる情報を収集したいのだと思います。

そして、それをクラウドで統合させるわけです。

 

そんなとんでもないことをやらかそうとしているAmazonやGoogleですが、そこに、AppleやMicrosoftは一歩及んでいないように見えます。

端末作ってナンボ、の時代はもう終演しているのですね。

そりゃ、かっこいい端末を作ってくれたら嬉しいですけど、シェアを失って機能不全になっては元も子もありません。

使いたいソフトがWindowsにしかない、なんて現象はもうこりごりなのですよ(ToT)

 

だからいっそ、AppleとMicrosoftは、ITの老舗同士、仲良く協業でもすればいいのです。

ようやくWordやExcelがiPadで使えるようになりましたが、そんな程度では生ぬるすぎます。

ライバルは、GoogleとAmazonなのです。

もしもこのライバル同士がくっついて、『グーグルゾン』なんてネットジョークが本当に実現した日には、本気で世界征服されちゃいますよ?

だから、モバイルユーザーには一日の長があるAppleと、ビジネスユーザーを大量に保有しているMicrosoftとが手を組んで、OSの垣根を取っ払い、フレキシブルな使い勝手を実現し、GoogleとAmazonに対抗していかないと、あと10年もしたら、AppleもMicrosoftも消滅しているのでは?と思わなくもない今日この頃です。

 

そして、その分岐点は2020年。

あと3年ちょいしたら、モバイル回線はいよいよ5Gの世界に突入します。

5G回線とは、端的にいえば超高速・超大容量ということなのですが、これが実現すると、もしかしたらクラウドOSも実現するかもしれません。

今はまだ、iPadやiPhoneの端末内にデータをダウンロードしていますが、5G以降の世界は、データはおろか、OSすらクラウド上にあがるようになるわけです。

つまり、iPadやiPhoneはただの『覗き窓』や『コントローラー』になって、あらゆる処理は、クラウドのサーバーが一手に引き受けるわけですね。

 

現在は、回線容量の限界があり、例えばモバイル回線で動画を見るとすぐに速度制限がかかってしまいますが、これが5Gになり、大容量化を果たせば、制限は撤廃されるのではないかと思うのですね。

そうしたら、様々な作業はクラウドで行うことになるでしょう。パソコンでの作業すら、クラウドサーバーが行うようになっているかもしれません。Photoshopを処理しているのはMacではなくクラウドサーバーで、Macはそのクラウドサーバーを操作しているに過ぎない感じですね。

 

ちなみに、これらクラウドの仕組み(クライアントサーバー方式)とは真っ向から対立する方式として、ピアツーピア方式なんてのもありますが、今のところ、Appleがそっちに舵を切ったようには見えないので今回は割愛。気になる人は『AirDrop活用から見るAppleの未来』にて。

 

ともあれ、そんなふうにクラウド活用できるようになったらOSがどうだとか、アプリがどうだとか、いわんや、ハードウエアがなんだらとか、そういうのは一切関係なくなるのですね。

そもそも高性能な端末はいらなくなるでしょうから、スマホ市場も値崩れすると思われます。

そしてユーザーは、クラウド使用料を月額2000円とか3000円とか払うわけですね。

 

だから、自社のクラウドに、どれだけ人を呼び込むことができるか? が重要です。

Googleは、検索ユーザーはもとより、Androidユーザーという圧倒的な母数を確保しています。

Amazonは、ネットショッピングしているお客さん。シェアはGoogleほどではないにしても、『消費行動をする』というとても濃いユーザーです。

Microsoftは、やはりビジネスユースは強いですから、企業に入り込んで何かやらかしそうではあります。

で、Appleは?

世界的には、iPhoneもシェアを落としているし、iPadはスマホに喰われているし、iCloudはダメダメだし、Apple PencilはMacで使わせてくれないし(爆)

 

こうして考えると、なんかちょっと先行き不安なのですよね(^^;

今後は値崩れしていくであろうiPhoneを一生懸命作っても、そのiPhoneで使われているクラウドはGoogleだったりした日には、目も当てられません。

でも、iOSが普及しない以上、そういうことは起こりえるわけです。

なんか、来春の製品予想をしていたら、えらい先まで話が及んでしまいましたが(^^;、とにもかくにも、Appleさんは製品はいいんだから、何かとがんばってほしいものですね〜(上目線!)