読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPadファン

タブレット7枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

iPhoneの違いが分からない人へ。6と7、Plusの有無を分かりやすく!

iPhone

iPhone 7も出たところで、いちど、iPhoneの違いをまとめてみたいと思います。

まずは、iPhone 7のデザインについて言及させて頂きます。

つぎに、iPhone 7とiPhone 6の違いを比べてみましょう。

そして、iPhone 7同士の比較。Plusの有無で何が違うのか?を分かりやすくお話しします。

iPhoneの違いがいまいち分からないという人に捧げます。

ぜひご一読ください(><)b

 

ちなみに、CPUとかメモリとか、そういうスペック的な内容は割愛します。そりゃあ当然、iPhone 7のほうがハイスペックになっていますし、そもそも今や、iPhone 6であろうがiPhone 7であろうが、スペックは十二分なので、それを比較しても大して意味がないと思うのですね。

大切なのは使用感──つまり、「ぼくたちの生活はどんなふうに便利に、そして面白くなるのか?」なのです。

 

 

iPhone 6からiPhone 7へ。デザインは『格好悪く』なった

iPhone 7は、ナンバリングが変わったのでメジャーアップデートと言えます、がしかし!

iPhone 7の見た目のデザインは、iPhone 6とほとんど変わりません!!

がっかりです、ほんとがっかり(ToT)

iPhoneシリーズは、見た目でも楽しませてほしいものですけどねぇ。

 

デザイン面での違いは、背面の白いライン──通称Dラインがなくなった程度……なのですが。

ぼく個人は、このDラインはそれほど気にしてませんでした。そりゃあ、iPhone 5のほうが格好良いとは思いましたが、Appleのデザイナーさんは、より先進的な何かを狙ったのかもネ?と思うことにしたので。

しかしこのDラインは、ユーザーの非難の的となりました。いわゆる「格好悪い」ということで。

それを気にしたのか、iPhone 7では、なんと、『Dラインをなくすだけ』というとんでもない改悪をしてきました! あるいは、黒く塗ってできる限り目立たないように。

まぁ『カメラレンズの直径が大きくなった』などの現実的な問題もあるのでしょうが、レンズ問題を含めても、「そんなに言うならDラインなんてとってやんよ!」というのは安易な解法だと思います。

つまり、『一部分だけデザインを変えた』ということのほうが、ぼくには格好悪く見えるのです。

デザインの良し悪しなど問題ではありません。デザインに取り組む姿勢の問題です。

 

なぜってアナタ、こんな微調整しちゃったら、iPhone 6におけるデザイン上の失敗を認めたようなものでしょう? 失敗を認めるならそもそも出すんじゃない、って感じです。

表層のデザインは、個々人の感性や好みによるところが大きいのです。デザインにどれほどの理由があっても、です。だからそこには良し悪しなどありません。ならば、作った本人が「この機能にはこのデザインがベストなんだ!」という主張を押し通すのが一番よいと思うのですね。

もちろんデザインには『機能美』がありますから、それをそぎ落としてまでデザインを追求するのは頂けません。iPhoneは、あくまでも『道具』なのですから。

だからぼくは、 「iPhoneがデカくなって片手で操作できなくなったじゃん!」とか、 「カメラの突起があるから、机に置いたらガタガタするじゃん!」とかの批判はしますが、「Dラインがあるから格好悪いじゃん!」とは批判しません。だって、Dラインは機能的に邪魔になりませんからね。

っていうか機能的に必要だから入れたのでは? 削除できるなら最初からいらなかったじゃん(笑)

Appleは、どんなに批判されようともDラインを押し通すのだろうと思っていたのですが……。そもそもぼくなんかより、iPhoneを手がけるデザイナーさんのほうが素晴らしい感性をお持ちでしょうから、格好良かろうが悪かろうがそれに従うだけです。

それがあっさり、iPhone 7で覆すとは……いやはや。

ほとんど同じデザインだからこそ、なおのこと痛々しいです……。

 

 

さて本題。iPhone 6からiPhone 7へ。何がすごくなったのか?

デザインを大衆迎合させたiPhone 7ですが、機能的にも、だいぶユーザーにすり寄っているといえます。

でもこれは嬉しい迎合です。

ぼくがiPhoneに求めるものは「デザインは先進的、機能は汎用的」なのです。

機能は、ある程度良し悪しが分けられますからね。Suica使えないより使えたほうが便利でしょ?という分けです。

つまり今回は、外見より性格がよくなったということなのでしょう(^^;

 

iPhone 6からiPhone 7になり、新たに追加された機能は以下の通りです。

賛否両論分かれるのが以下の機能です。

まずは、賛否両論分かれているイヤホンジャックについてお話していきましょう。

 

イヤホンジャックがそんなに重要か?

ぼくの感想としては、表題の通り「イヤホンジャックがそんなに重要か?」ということなのですが。

あの小さな穴がなくなることで、なんでこんなに大騒ぎしてるの?と不思議です。まぁぼくは、音楽にはそこまで思い入れないというのもありますが。ごくごく普通に、アニソンを楽しみ、聞き飽きたら次のを探す、程度のユーザーです……アニソンが普通なのかはともかく(^^;

もちろん、イヤホンジャックがなくなりワイヤレス化したことで、『音質がきわめて悪くなった』など発生したら問題です。それは『重要な機能が損なわれた』ということですから。しかし今のところ、そのような問題は報告されていないようですし、そもそもAppleが、そんな体たらくなことするはずないと思います。

否定的な意見の大半は「アダプタが格好悪い」とか「旧来のヘッドホンが使えない」とか「Lightning端子のライセンス料を稼ぐ気だ」とか、そういうったことのようです。

いやほんと、それら問題が一大事なの?って思います。

Lightning端子→イヤホンジャック変換のアダプタがイヤなら使わなければいいし、旧来のヘッドホンが使いたいならアダプタ使えばいいのです。そのどっちもイヤなら、Lightning端子ヘッドホンが出るまで、iPhone 7購入は待ちましょう(爆) Lightning端子のライセンス料に関しては、もはや難癖としか思えません。

 

そもそも、イヤホンのワイヤレス化はぜひとも実現して欲しい機能なのに、これまで大してテコ入れされていなかったのが不思議なくらいだと思うのですが。

ぼくは、iPhone 3G時代に、Bluetooth接続のワイヤレスイヤホンをすぐさま購入するような人間でした。ミュージックに興味なくともテクノロジーには興味あるので(^^;

ですが当時は、音飛びが酷くて使えたモノではありませんでした。ガッカリしたのを今でも覚えていますが、あれから8年もの歳月を経て、ようやく、あの、絡まりまくるイヤホンからオサラバできるのかもしれないのです。

ぼくからしたら「ようやくですかAppleさん」といった感想なのですが。

まぁこれで、純正ワイヤレスイヤホン『AirPods』が音飛びしまくるようでは大変な問題ですけどね(^^; さすがにそんなことはしないでしょう、満を持して出したAppleさんが。

 

『AirPods』がちゃんと使えるのであれば、ぼくは、こんな使い方が実現可能なのではないか?と期待しています。

外出しようとしたとき、今までは、「イヤホンどうしようかな?」と持ち出しを迷うことしばしば。耳に付けてはケーブルがうざいし、鞄に入れてても絡まってうざい(笑)

でもこれが『AirPods』ならば、何も考えず、サクッと耳に入れるだけ!

音楽聴かないときでも、とりあえず耳に入れておけばいい!

あとぼくは、お勉強用の動画とかオーディオブックとかをiPhoneに入れて見たり聞いたりするのですが、これに『AirPods』はとても適しているように思います。今までは、電車内で「あ、お勉強しよう」と思っても、イヤホンを取り出し、絡まりをほどき、イヤホンジャックに差し込みなどの作業を強いられ……地味に面倒なのですよ。つり革に掴まっているとなおさらで、満員電車なら言うまでもなし。

しかしこれが『AirPods』ならば、イヤホンはすでに耳の中なので、iPhoneで操作するだけではないか!? と期待しております。

つまり、音楽や動画などのコンテンツが、より身近に感じられるようになるのではないかと思うのですね。

 

さらには電話のとき。

ぼくは電話しながらPC操作すること多いので、つまりハンズフリーにしたいのでイヤホンで通話すること多いのですが……このときほど、コードが絡まっているときの煩わしさといったらありません!

やむを得ないからスピーカーで受信して、話しながらコードをほどき、会話もそぞろにイヤホンジャックにコードを差す……などという離れ業をやっておりますョ。

これが『AirPods』であれば、受信したらイヤホンを耳にツッコむだけ!

あたかも、コードレス子機を手に取るかのように!

 

というような操作性を期待してるんですけどねー。果たして『AirPods』で本当に出来るのか!?

こればかりはリリースを待つしかないですね。入手したらレビュります。

 

気になる点としては、上記の通り『音質』『音飛び』ですが、もうひとつの懸念は『頭脳の真横で電波とばして大丈夫かな?』ということ。

この点に関しては、自分自身で人体実験してみるしかないですねー(^^; 使用してみて、頭が痛くなるようならヤバいかも?

 

さて以下からは、誰に聞いても絶賛している新機能について。

前述の通り、CPUが早くなったとか、画面がよりキレイになったとかは、当たり前のことなので割愛します。

あからさまな新機能をご紹介していきましょう。

 

待望の防水仕様。でもお風呂で使うには要注意

iPhone 6からiPhone 7の大きな違いは、ついにようやく、防水仕様になった点です!

これも、イヤホンジャックが廃止された大きな成果と言えるでしょう。iPhoneにゴムの蓋など付けるわけにはいきませんからね(^^;

ただし、iPhone 7をお風呂で使うのは要注意です。

 

iPhone 7の防水性能は『IP67』とのこと。なんのこっちゃ?ということで調べてみました。

『IP67』とは『防塵性能が6級/防水性能は7級』という意味だそうです。

それでも、6級だとか7級だとかなんのこっちゃ?ということですが、級数詳細は以下の通り。

 

【外来固形物に対する保護等級(防塵)】

0級 特に保護がされていない
1級 直径50mm以上の固形物が中に入らない(握りこぶし程度を想定)
2級 直径12.5mm以上の固形物が中に入らない(指程度を想定)
3級 直径2.5mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
4級 直径1mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
5級 有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない(防塵形)
6級 粉塵が中に入らない(耐塵形)

 

【水の浸入に対する保護等級(防水)】

0級 特に保護がされていない
1級 鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
2級 鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
3級 鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
4級 あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
5級 あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
6級 あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
7級 一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
8級 継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

(上表、Wikipediaより引用)

 

ということでiPhone 7は、『防塵はカンペキで、防水はちょい条件付き』となります。

防水7級をもうちょっとかみ砕いて説明すると『約30分間、水没しても大丈夫』とのことだそうです。

 

ただしこの実験は、常温で行われているそうで、摂氏40度前後の水温でかつ湿気の多い場所で実験している“わけではない”、ということが要注意なのです。

つまり──お風呂のことですね。

iPhone 7の筐体から浸水することは普通ないでしょうが、お風呂はやはり湿気が気になります。それに、防水機能は経年劣化もします。

 

かてて加えて、Appleの無償保証では『水濡れによる損傷は保証の対象になりません。』とのこと。なんてこったい。

有償保証である『AppleCare+』だと、期間内2回までなら税別11,800円で有償交換してくれるそうですから(念のためAppleに電話で確認済)、お風呂で使いたい人は、『AppleCare+』に加入しておくのがいいでしょうね。

ぼくは『AppleCare+』に加入した上で風呂で使ってみようと思います。で、壊れてしまった場合はやむを得ないので有償交換して、それ以降は風呂で使わない……という計画です!

 

デュアルレンズ(iPhone 7Plusの場合)

iPhone 6と比べて、iPhone 7は、カメラ性能がより向上しているのはもちろんですが、デカいのほうのiPhone 7Plusは、レンズが2つ搭載されているデュアルレンズとなります!

このデュアルレンズについては後述致しましょう。

 

ステレオ機能搭載

iPhone 6は、なにげにモノラル出力だったのですね。iPhone 7では、本体スピーカーがステレオ出力になったとのこと。

ステレオ出力とは、端的に言えば、左右別々の音が出てくるということです。

まぁこれは機能強化と言えなくもないですが、新機能として扱っておきましょう。ってか、iPhone本体のスピーカーを使うってこと滅多にないですけど。

あ、iPhoneで動画見ている人は朗報か。ぼくの場合、iPadで見ているので関係ないですが(^^;

 

ホームボタンが変わった

ホームボタンが、物理式ではなく感圧式になったとのこと。

つまりタッチスクリーンのようなセンサーになったということです。

具体的にはどういう挙動なのかといえば「ボタンを押しても凹まなくなって、凹んだかのように振動する」となります。

最初は違和感を持つ人もいるようですが、これは慣れでしょう。そもそも新機能ではないし、防水仕様になったのだからやむを得ないでしょうね。

 

Suica(Apple Pay)が使えるようになった!

いまやiPhoneは、世界的に見えればマイノリティ(ToT)

Android端末にシェアを喰われまくっておりますがどっこい、日本市場だけが唯一の増収とのこと。

ということで、ようやく出ましたおサイフなケータイ!

ニッポン独自仕様iPhoneがついに登場です。

いやほんと、この現象、Apple社史において大変なことデス。機能としては「Suicaが使えるようになった」だけですが、社史としてはとんでもないことと思います。Appleさん、日本という国を認知してくれていたのですね……!

ま、それほどに、iPhoneもシェア争いが大変ということでしょうか(^^;

 

まぁぼくは古くからのiPhoneユーザーなので、ケータイにお財布が付こうが付くまいが、今まで使っていなかったのでどっちでもいいのですが、あれば便利だなと思います。

とくに注目なのが、Suicaが使えるようになった点ですね。

iPhone内でチャージもできるようになったので、これからは、改札前で残金足りず扉が閉まり、白い目で見られる心配もなくなります(^^)

ぼくは、カード時代からオートチャージSuica使ってたので克服済みですが!

 

でも、持ち物が少なくできるのはちょい嬉しいですね。

ぼくは外出時、最低限持ち出すべきものを以下の4つに決めていました。

  • サイフ
  • 家の鍵
  • パスケース
  • iPhone

iPhone 7になったら、パスケースが不要になって、持ち出し品は3つに集約できます!

……そんだけですが(^^;

 

しっかし極端な話、iPhone 7があれば、もはや国内どこにでも行けますね!

電車に乗って主要都市はどこにでも行けるし、駅近のコンビニやファミレスがあれば食事もできるし、ビジネスホテルだって泊まれます。

現金を使わずにどこまでいけるのか、そんな旅行でもしてみたいですねー(^^)

今後、電子キーが普及すれば、iPhoneが鍵代わりにもなりますね。ってか、電子キーになるなら、iPhoneに入れずとも指紋認証でいいか(^^;

 

ということで、以上がiPhone 6とiPhone 7の違いでした!

次はiPhone 7とiPhone 7Plusの違いについてお話します。

 

 

iPhone 7とiPhone 7Plusの違いは、もちろんサイズだけど、今回はカメラも違うよ!

Plus有無での違いは、もちろんサイズ。

iPhone 7は画面が4.7インチなのに対し、iPhone 7Plusは5.5インチあります。

このどちらも、片手で扱うのは不可能なので、であればいっそ、5.5インチを買ってしまへ、ということでぼくは今回、iPhone 7Plusを買いました。大は小を兼ねるといいいますし。サイズについて詳しくは『iPhone 7のサイズ、どっちか比較するまでもなくPlusである理由』もご一読ください。

それと、サイズが違うので、これに伴って重量も違いますね。

iPhone 7が138gで、iPhone 7Plusが188g。ですがiPhoneはすでに十分軽いので、iPhone 7Plusでも気にならないと思います。

あとまぁサイズが違う分、バッテリーの保ちも微妙に違いますが(iPhone 7Plusのほうが長持ち)、この辺は公式サイトをご覧ください。

 

そんな細かい違いはさておき、iPhone 7になった今回、特筆すべき違いは、カメラです。

iPhone 7はカメラレンズ1つですが、iPhone 7Plusには、なんとカメラレンズが2つ! 通称『デュアルレンズ』と呼ばれています。

 

レンズがデュアルになると何がすごいのか?

デュアルレンズの何がすごいのかというと、主に下記2つでしょう。

  • 光学ズームができるようになった
  • 背景ボカシ表現ができるようになった

単なるズームなら、従来のiPhoneでもできるのですが、これはあくまでも『デジタルズーム』。

『デジタルズーム』とは、写真をぎゅーっと引き伸ばしてズームに見せかけている仕組みのことです。引き延ばすため、画像が荒れます。

これが光学ズームだと、レンズを動かすことによって『光学的』にズーム処理するので、画像が荒れないのですね。

まぁ……光学的がどういうことなのかを説明すると大変なボリュームになるのでここでは割愛しまして、ようは『画像が荒れずにズームできるようになった』ということです。

とはいえ、iPhone 7Plusの光学ズームは2倍まで。それ以上になるとデジタルズームになります。でも最近は、デジタルズームでも画像荒れは目立たなくなってきましたが。

 

もう一つ、デュアルレンズの利点としては、背景ボカシ表現が可能になるということですね。

背景ボカシ表現とは、こんな感じ↓の表現です。

f:id:sasa365:20161107114436j:plain

センターの被写体(ぽぷらちゃん)がくっきりして、背景の被写体がボケてますよね? こういう写真のこと。

ちなみに写真はiPhone 7 Plusで撮りました。

この背景ボカシができるだけで、なんかグッとプロっぽく見えますョ!

ただしiPhone 7Plusの背景ボカシは、一眼レフのような仕組みではなく『iPhone内でデジタル合成する』ということだそうです。1つのカメラで被写体を撮影し、もう1つのカメラで背景を撮影して、ボカシながら合成するということなのでしょう。そりゃあ、あのペラいiPhoneで、一眼レフと同じ仕組みでボケを撮影するのには無理があるでしょうから。

とにもかくにも、薄いiPhoneで、一眼レフの真似事ができるのはすごいことだと思います。

>> 背景ボカシ撮影の方法については、こちらのエントリーをご参照ください

 

まとめ:けっきょくiPhone 7は買いなのか?

で、最後に「けっきょくiPhone 7は買いなのか?」ですが……

ぼくは「買ってもいいか」と思いましたので買いました! ジェットなブラックを。

予約当日の9月9日16時に、au予約ページをリロード連打し、10分ほどで予約完了したにもかかわらず、発売日当日16日はおろか、それから37日後にようやく本購入案内メールが届く、というほどの人気ぶりですから買おうと思った人は多いのでしょう。

っていうか、ジェットブラックが一番人気なの予想できてるんだから、もっとたくさん作っといてよ……(ToT)

それに、手持ちのiPhone 6のバッテリーが心許ないですからね。iPhoneは2年周期で買い換えやむを得ずなのです。

 

ですが! 不穏な噂もありまして。

なんと2017年秋には、従来の2年周期を覆し、iPhone 8が出るのではないか?という噂があるのです。つまり1年後、iPhone 7sではなく、デザインも変わってフルモデルチェンジしたiPhone 8として。

なので、ユーザータイプ別に買い換えタイミングも考えてみました。

iPhone 7を買うに当たっては、自分がどのユーザーに該当するのか以下をご参照ください。

 

◆絶対に新製品が欲しいユーザー
iPhone 7を買いましょう。1年後、iPhone 8が出たら、涙を呑んでエイトも買いましょう(爆)

(以下は、新製品にはそこまでこだわりのないユーザーの場合)

◆iPhone 6ユーザーで、バッテリーが心許ないユーザー
iPhone 7を買いましょう。そしてiPhone 8は見送って、iPhone 8sを買いましょう。

◆iPhone 6ユーザーで、バッテリーにまだ余裕があるユーザー
2017年まで待ちましょう。そしてiPhone 7sか、iPhone 8を買いましょう。

◆iPhone 6sユーザー
バッテリーはまだ保つでしょうから、iPhone 7は見送って、2017年秋、iPhone 7sか、iPhone 8を買いましょう。

◆Androidスマホユーザー
すぐさま買い換えましょう(爆)。

 

つまり、新製品がどうしても欲しい人はAppleに貢ぎましょう、ということですね。

ええ、貢ぎますともやむを得ません(ToT)

とにもかくにも、こんなに長大なエントリー、最後までお読み頂きありがとうございました!