読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPadファン

タブレット7枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

iPadは、外付けハードディスクよりDropBoxがいい理由

iPad 全般

ぼくはいっとき、iPadとiPhoneの容量不足に悩み、外付けハードディスク(HDD)の購入を検討していました。

もちろん、iPadにはUSB端子がありませんから、Wi-Fi対応ハードディスクを使うことになります。

でも、いろいろ探したあげく……ハードディスクを買うのはやめました(^^;

なぜならば……DropBox(ドロップ ボックス)があったからなのですねー。

 

 

Wi-Fi外付けハードディスク購入をやめた理由

ぼくの場合は、いずれも、屋外使用を想定していました。なぜなら自宅では、すでに据え置き型のWi-Fiハードディスク(NASと言います)があるから。

ただま最近は、据え置き型も使わなくなってきましたが(^^; DropBoxで間に合うので。

 

ということで、ポータブル型外付けハードディスク購入をやめた理由ですが、まず何よりも……外付けハードディスクを常時携帯するには、かさばります(^^; せっかくのコンパクト設計であるiPadが台無しです。

 

次に、Wi-Fiなので常に電波を出しておくわけで、バッテリー駆動なんですよね。

普段から使っているiPadならバッテリー残量は気にとめていますが、おそらくたまにしか使わないであろう外付けハードディスクは、バッテリー残量をそこまで気にしていられません。

でも、いざ使おうと思っていた時にバッテリーがなくなっていたら……イラリとします。

 

そして、放熱とかも気になるところです。あと、Wi-Fi接続って意外と難しいんですよ。おそらく、アプリを入れれば一発で繋がるものと思いますが……何かしらトラブってで繋がらなかったら、やっぱりイラリとします。

 

 

外付けハードディスクが必要なシーンとは?

ただし、それでも外付けハードディスクが必要になってくるシーンというものがありえます。

以下に該当する人は、購入検討してもいいかもですね。

 

動画など大容量のデータを扱う人

動画などの大容量データは、DropBoxのようなクラウドからダウンロードするには時間がかかりすぎます。ゆえに、手元にある外付けハードディスクから取り出した方がいいと言えるでしょう。

ただまぁ……屋外で、iPadで動画データが必要なときって……どういうシーンかしら? 映像関係が仕事の人とか?

 

電波の届かないところによくいる人

どんな僻地? という話ではなくて、いまだに、新幹線内は電波が届きにくいです。東海道新幹線は区間によってネット接続サービスあるそうですが、早く全線に入れて欲しいですね。

それと、海外出張の多い人など。

こういう人は、iPad専用の外付けハードディスクというよりは、ノートPCと兼用で使うのがいいと思います。まぁいずれにしろ、Wi-Fiタイプなら兼用で使えます。

新幹線に乗っているときや、出張時など、限定してハードディスクの電源を入れておけば、バッテリー残量のことを失念している、ということもないでしょう。

 

よさげだった外付けハードディスクは?

ちなみに、ぼくが購入検討していたハードディスクは下記です。

Air Bank 1TB(ホワイト)

Wi-Fi対応でたっぷり1TBの大容量。オマケにiPadともマッチしそうなホワイト色。

Amazonレビューもそこそこで、カカクコムでも『ポータブルWi-Fiハードディスク』ランキング1位だったので、これを買おうと思ってカートにまで入れたのですが、そこでハタと気づいたんですね。

「あれ? DropBoxでよくね?」……と(^^;

 

 

DropBox(クラウドドライブ)のメリット・デメリット

大容量データでなく、電波の届く場所にいるならば──たとえば、在来線の中で何かダウンロードしたり、スタバ内でデータ欲しくなったりする程度ならば、クラウドでぜんぜん事足ります。

ぼくはDropBoxとiCloudを併用しています。

DropBoxは有料プランで月1200円。余裕の1TB。テレビ番組でも入れておかない限り、1TBあればなんでも入ります。

iCloudは無料版。アップル純正アプリのデータ同期に使っている程度。

iCloudに統一してもよかったんですが、DropBoxは仕事で以前から使っていたんですよね。だから、無料版では容量足りなくて、有料版にしていたのでした。でも有料版にすると、逆に容量余りまくるので、私事データもぜんぶつっこみ、それでもまだ余裕あるのですから、1TBは伊達ではありません。

GoogleやMicrosoftが提供しているクラウドでもいいとは思いますが、以前、値段を比較してみたらどこも似たり寄ったりだったので、まぁ、それでも格安ドライブを探すか、慣れているのを使うか、あくまでもApple製にこだわるか、お好みで選べばいいんじゃない?と思います。

以下はDropBoxを例にしてお話していきましょう。

 

DropBoxのデメリットは?

まず最初にDropBoxのデメリットは、やはりクラウドなので、通信が繋がらないと使えない点ですね。前述の通り、大容量データも、モバイル回線ではダウンロードできません、重すぎて。ただまぁこれは、今どきのニッポンにおいては、それほど問題になることもないかなと。

最大の難点なのが、月額課金なのですね。

月1200円は、一見安く見えますけれども年間1万4400円です。まぁDropBoxは年間割引ありますので正確には1万2000円。

前述のWi-Fi外付けハードディスク、毎年買ってもおつりが来るがな(^^;

つまりDropBoxは、無料領域もけっこうあるし太っ腹という印象がぼくにはありましたが、よくよく計算してみると、えっらいお金取られてるんですよ!

まぁでも、データセンターの構築とか莫大な費用がかかるみたいだし、設備投資を考えると、決して、暴利をむさぼっているというわけではないと思いますが。

そんな割高なDropBoxですが、ぼくはなぜ、買取りの外付けハードディスクではなく、DropBoxを選んだのでしょうか!?

 

DropBoxのメリットは?

1TBとか、回線があればいつでもデータ取れるとか、そういう利点はいっぱいありますが、DropBox最大の利点は、なんといっても下記です。

  • 常にバックアップを取ってくれている!

そう、この1点において、ぼくは買取りではなく月額課金を選んだのです。

ハードディスクって、ある日突然壊れるんですよ。なんの前触れもなく。いや、本当は前触れあるんですけど、壊れてからでないと気づかないほど微妙な前触れなのです。

しかもポータブルディスクともなれば、落としたりぶつけたりで、物理的破損の可能性も高い。ディスクそのものが壊れるのでなくとも、駆動部分が壊れるケースもあり得ます。というか、駆動部分があるのが致命的なのですね。物理的に動いているから壊れやすいのです。

もちろん、DropBox社で使っているディスクもハードディスクでしょう。ですがDropBox社では、ハードディスクは何重にもバックアップ取られています。RAIDなんちゃらという技術を駆使して、様々にバックアップ対策を講じていることでしょう。

つまり、1台のハードディスクが壊れても、予備のハードディスクがデータをしっかり守ってくれているわけです。

しかも、です。

地震の多い昨今、据え置き型ハードディスクといえども安心できません。

ぼくんちは、東日本大震災で、室内がこんな惨状になりましたし、地震時のバックアップ対策はもはや人ごとではないのですね。

f:id:sasa365:20151120225308j:plain

ちなみに住まいは都内なんですが……古いマンションの9Fだったので……揺れに揺れたようです。そのときぼくは外出してたので、難を免れましたが。

こうなると、ハードディスクが、倒壊した本棚の下敷きになってペシャンコの可能性だってあります。

実際に、ハードディスクは無事でしたが、Macは本棚の下敷きになってペシャンコに。電源入れてみたら爆発しそうになりました(ToT)

f:id:sasa365:20160413224627j:plain

こういうときに、クラウドなのですねー。

DropBoxのデータセンターが、まさか、土地がバカ高い東京のど真ん中にあるわけありません。っていうか米国にあるそうです。

だからニッポンで地震が起きてもデータは守られます。ニッポンとアメリカ、同時に大地震が起きたら……そもそも地球がヤバいっていうかそこまで心配しながら生きてけるか!?って感じですし。

 

だからぼくは、外付けハードディスクを毎年買い換えるよりも、バックアップなどの手間な作業はぜんぶやってくれるDropBoxにしました。

例えるならおうち。

外付けハードディスクは戸建て持ち家のようなものです。自由に使うことができますが、メンテはぜんぶ自分でやらねばなりません。壊れても、直すのは自分です。

DropBoxは賃貸マンションのようなものです。好き勝手はできませんが、メンテはぜんぶ大家さんがやってくれます。壊れても、大家さんが直してくれます。

まぁ住まいだと賛否両論ありますが、ハードディスクならば、回線繋がるならば、DropBoxのほうが断然便利だと思うんですよね。多少高くとも。

 

ということで、iPad用に外付けハードディスクを検討されているなら、同時にDropBoxなどのクラウドディスクも検討してみてくださいませ〜。