iPadファン

タブレット9枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

iPadの購入を迷っているあなたへ

最近数人に「iPadの購入を迷ってる」と相談を受けたので、エントリーしておきます。

iPadの購入を迷っている人は『iPadで何がしたいのか?』を考えてみるといいでしょう。

iPadの具体的な用途が1つでもあるのなら買って損はないと思います。しかし具体的な用途がなく「話題だから」とか「妙にほしい」とかですと……iPadは埃をかぶってしまうかもしれません。

なぜならば、iPadでできることのほとんどはiPhoneでできるから、です。スマホを持ってないなら、具体的な用途がなくても買ってよいと思いますが。

なのでiPad購入の際は、具体的な用途を作りましょう。まぁ本来、用途があるから必要なのですが(^^;

iPadの用途とは、たとえば──

「プレゼンに使いたい」
「読むべきサイトが山ほどあるが、スマホでは小さい」
「大画面で電子書籍が読みたい」
「iPadを解体したい」
「別に使わないけど飾っておきたい」

──などなど、具体的であるほどよいです。

 

 

具体例をいくつか紹介

例1:プレゼンで使用

とあるデザイン事務所の社長さんの例。

「コンペで、iPad数台をクライアントに手渡してプレゼンしたらすごく受けがよかった!」

と話してました。(その後コンペ通過。もちろんiPadだけが勝因なわけないですが)

 

例2:屋内では大画面で使用

iPhoneは持っているけれど、屋内では大画面でネットをやりたい、という用途でもiPadはよいかと思います。

iPadを買ってからこっち、室内使用の端末はもっぱらiPadになりました。

 

例3:自炊書籍の読書

ぼくが最初にiPadを買った理由は「自炊書籍を読みたい」からでした。

ただこの1つの理由だけで、みじんの迷いなく買いました(^^;

自炊書籍とは、書籍を裁断→スキャン→PDFデータ化した書籍のことを指します。

データ化したとはいえ、結局は画像データですから、レイアウトが固定なのですね。固定レイアウトをiPhoneで読もうとしても……以下のように見切れてしまいます。つまり、スマホで読むには画面サイズが小さすぎるのです。

f:id:sasa365:20160523205349j:plain

初代iPadが出たときは「iPhoneがデカくなっただけじゃん」と思っていたのに、用途ができたら一点、すぐさまiPad 2を買いました。

でもiPad 2はいささか重かったので、iPad miniに買い換え、より高解像度のiPad mini Retinaモデルを追加購入し、A4サイズも読めるようiPad Pro 12.9インチも買って、重すぎたのでiPad Pro 9.7インチまでも購入した、という変人です。

自炊書籍を読む、ただそのためだけに、iPadを5枚も買ったのでした! いやまぁ、iPad Proについてはお絵かき用途がメインですが(^^;

 

例4:電子書籍(Kindle)の読書

余談ですが、自炊書籍ではなく電子書籍での読書なら、iPhoneでも十分できます。文字サイズ可変なのと、糸栞同期ができるのとで、電車内ではiPhoneで読書、帰ってきたらリビングでiPad、就寝前は寝室でiPhone、などという使い分けも可能です。

些細な機能とも見えますが、文字サイズ可変と糸栞同期はすごく便利。いずれはすべての書籍が電子書籍になればいいのになぁ。

 

 

Wi-Fiモデルか、Cellularモデルか

最近は、携帯電話回線が付いてるものをCellular(セルラー)と呼ぶそうですが、

  • 通信回線ナシ(Wi-Fi)
  • 通信回線有り(Cellular)

これも迷うところですので、どちらが買いかも検討してみましょう。

 

というかまぁ、この比較も用途によります。

ぼくは上記の通り「自炊書籍を読む」が主要用途ですので、通信回線いらないと思いWi-Fiモデルにしました。ちなみに屋内では、じぶんちも実家も無線LANを入れてるので考慮しません。

その結果、Wi-Fiモデルで十分でした。購入したiPadすべてWi-Fiモデルです。

屋外で、どうしてもiPadでネット繋げたいときは、iPhoneのテザリングを使います。つまりiPhone経由でネット接続するわけですね。iPadからiPhoneのテザリングを起動する方法はこちらをご参照ください。

自炊書籍だけにiPadは贅沢なんじゃないか、ともいえますが……使用時間はダントツでiPadが勝るんですねこれが。室内では、iPhoneではなくiPadを使うようになりましたし、iPadはもはや片時も手放せません。

充電する間もないくらいです。

 

ということでぼくはCellularモデルいらなかったわけですが、これまた用途によってはCellularモデルが必要になる場合もあるでしょう。

たとえば「ネットを見せながらプレゼンする」という用途ならば、テザリングにつなげる十数秒が気まずかったりしますし、そもそもiPhoneのバッテリーが切れてしまってたら真っ青です。

あとは「株価グラフを大画面で見なければ不安」とか?

まぁ……iPad Cellularモデルはやっぱりいらなくね? と思わなくもないですが『いつ何時も、大画面でネットチェックしなければならない人』は、Cellularモデルがいいでしょう。

通信費2倍ですから、iPad用回線が必要かどうかで悩む人はWi-Fiモデルでいいでしょう。『大画面』にさえこだわらなければ、すべてiPhoneで代替可能ですし。

 

 

どのサイズのiPadを購入するべきか?

iPadのサイズも悩むところです。

これについては、別途エントリーでお話していますので、下記をご参照ください。

 

そんなこんなで。

iPad購入に迷いがある方のご参考になれば幸いです(^^)