読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPadファン

タブレット7枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

iPad Pro 9.7レビュー:イラストは描けるか? アプリは?

iPad Pro

iPad Pro 9.7インチで、怪しんでいたのがイラストの描画。

12.9インチより一回り小さいので、何遍も拡大縮小せねばならず、イラスト描画は煩わしいのではないかと思われました。

ですがどっこい。

ぜんぜんまったく描けちゃいましたイラスト……(゚Д゚)

12.9インチも買ったワタクシの運命はいかに……(ToT)

 

 

使用アプリはProcreate

まず今回使ったアプリですが『Procreate』(プロ クリエイト)というアプリを使っています。

  • ブラシの細かな設定が可能。筆圧感知設定もできる!
  • インターフェイス(画面配置)が秀逸。パネルに占拠されることなし。
  • 二本指によるスワイプやピンチの拡大縮小がスムーズ。画面回転も可能!

などなど、iPad Proでイラスト描画するにはとてもよいアプリです。

しかもパームリジェクションも設定できるので、ラフから着色まで、このアプリ1つでイケるのではないかと最近思い始めております。

詳しくは『Procreateの使い方:パームリジェクションと指モード』をご参照ください。

Procreate以外のおすすめアプリも知りたい方は、こちらもどうぞ→『Apple Pencilに最適なおすすめアプリまとめ

 

 

ラフってみた

ということで前述のアプリで、9.7インチという小さめの画面でラフを描いてみました!

 

なんと、アプリ『Procreate』は、描画中の録画もしてくれるのです!

アプリ性能もさることながら、録画なんて重作業をなんなくこなしてしまうiPad Pro 9.7インチって……すげぇ。

とにもかくにも、キャラ1人のラフくらいなら、ぜんぜん問題なく描画できてしまいました、9.7インチでも。

ちなみにこのラフ、布団に寝っ転がりながら描きました(^^; 布団で描いても、消しカスで埋もれることありません!

 

ちなみに、アプリ『Procreate』でのメイキング動画作成方法は下記動画にて。

 

 

トレスってみた

では線画はどうか?

ということで、線画をトレースしてみたのが下図。

f:id:sasa365:20160502172651p:plain
▲出自:アニメ『三者三様』より

線画やクリーンナップも、9.7インチのサイズで全く問題なくできてしまいました……!

iPad Pro 12.9インチと比べると、拡大縮小の回数が増えている気もしますが、『気がする』程度。そこまでの差を感じませんでした。

いやぁ、9.7インチというモニターサイズでも、意外と作画できてしまうものですね。

 

着色や背景描写はどうかな?

ぼくの場合、着色作業になるとレイヤーをやたら使うのですが、そうなると、iPad Pro 9.7インチの画面ではどうかな?

頻繁にレイヤー切り替えせねばなりませんので、レイヤーパネルは常時表示しておきたいところなのですが……

あるいは、レイヤーをそんなに使わない描き方に変えるとか(^^; アナログ水彩画のような感じで。

さらには背景描写。9.7インチというサイズだと、やっぱり狭いのではないか?

 

万が一にも、iPad Pro 9.7インチですべての作画ができてしまったら……12.9インチが無用の長物に……。なんてこったい。

この辺を検証すべく、さらにイラストを描きたいと思います。

 

追記:iPad Pro 9.7インチで着色・背景描画はできたか?

着色&背景描画をやってみましたー!

f:id:sasa365:20160522141359j:plain

引き続き、使用アプリは『Procreate』です。最終工程の配色調整だけMacのPhotoshopで加工しましたが、ほぼProcreate1つで間に合いました(^^)

iPad Proの使用感としては、やはり、12.9インチのほうが描画しやすかったです。無駄にならなくてよかったわー(^^;

レイヤーが増えたら……というよりも、単純に、ある程度大きい画面のほうが作画しやすかったですね。大画面のほうが、拡大縮小の回数も少なくて済むし、全体像の把握もしやすいわけです。

9.7インチでも描画できなくはないですが、イラストを本気描きしたいときは、やはり12.9インチがほしいところですね。15インチあってもいいくらいです(2016年現在は、iPad Pro 15インチは出てませんが)

ということでご参考になれば幸いです(^^)