読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPadファン

タブレット7枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

Apple Pencilを、safari等のブラウザで使いたい!

Apple Pencil

Apple PencilをPDFで使うApple Pencilを電子書籍で使うに続き、Apple Pencilをこう使いたいエントリー第三弾!

Apple Pencilを、safariなどのブラウザで使いたい!

いやもちろん、Apple Pencilでスクロールしたりタップしたりするという意味ではなく、フリーハンドで書き込みたいということです。

 

 

Apple Pencilで、ブラウザにフリーハンド入力できるようになったらこんなに便利

『ここから読む』マーク

ぼくが、ブラウザで手書きしたい大きな理由が『ここから読む』という印を付けておきたいから。

サイトやブログ文面に、さらっと「ここから」というようマークを入れておきたいのです。そうすれば、どの段落から読めばいいのかが、読書再開時にすぐ分かります。

つまり、栞の代わりというわけ。

ブラウザのブックマークは、ページ単位しかできませんからね。これってけっこう不便だと思うのですよ。iPadやiPhoneで、タブ開きっぱなしにしていても、間違って消してしまうこともあるし、リロードされてページ位置がずれることもあるし。

こういうとき、Apple Pencilで『ここから』とさらり書き込めたら便利だなぁと思うのです。

 

 

もちろんアイディアメモにも

フリーハンド入力は、もちろんアイディアメモにも使えます。

ブラウジング中に「あ、この文章をブログで引用しよう!」とか「仕事でやってみよう!」と思っても、メモをとらねば忘れてしまうことしばしば。だからとって、iPadが目の前にあるのに、鞄から紙と鉛筆を取り出すのもめんどいです。

ごく簡単なメモなら、Apple Pencil持っていなくても、指で書いてもいいかもですね。まさにフリーハンド。

そしてこのメモは、ブラウザで集中管理できるように。どこのサイトに何をメモったか、一覧表示できる機能がブラウザに備わっているといいですね。

 

フリーハンド入力はもちろん同期されている

例えばsafari。いまや、ブックマークもタブも、iCloud経由で同期できてすごく便利。

これと同じように、フリーハンド入力も常に同期されているわけです。

iPadでフリーハンド入力した内容が、Macのsafariでも表示させることが可能になれば、電車内で書き込んだ内容が、すぐさま、オフィスで参照できるわけですね。

この操作性、すごくいいと思うのですが、いかが?

 

 

問題点は、サイトが更新されたとき

ただし、この使い方最大の問題点は、サイトやブログが更新された場合ですね。

なんといっても、ホームページは生き物ですから。

文章追記くらいならいいけど、文面をごっそり差し替えられたり、ページ消去された場合は、フリーハンド入力データの位置情報がズレてしまいます。『ここから読む』というような書き込みもズレてしまうということ。

だから、フリーハンド入力の際に、ページ丸ごとブラウザに保存するなどの対処が必要でしょうね。できなくはないし、今日びのiPadなら、容量的にも余裕でしょう。

 

すでに、Microsoftではフリーハンド入力できるブラウザ『Edge』がリリースされていますし、Appleも、Smart Keyboardなんて真似してないで、こういうところを真似て欲しいですね。

それにしても、最近のMicrosoftはやるなぁ……ちょっとだけ見直しました!(何様?)