iPadファン

タブレット9枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

Apple Pencilは、マウスの代わりになるか!?

キーボードを使うなら、是が非にもマウスも使いたい! しかし、iPad Proはマウスが使えないのですね(ToT)

であれば、Apple Pencilをマウス代わりにしてはどうか!?

ということで試してみたのが下記動画。

動画ご覧頂ければ、だいたいの操作性は伝わったかと思いますが、以下念のため補足説明でーす。

 

 

マルチタスクの画面が引っ張り出せない!

なんと、Apple Pencilではマルチタスクの画面が引っ張り出せませんでした!

まぢで?

あーでもそうか。お絵かきしているときに、画面端っこからラインを引こうとしたとき、マルチタスク画面が出てきたら、それはそれで大問題ですもんね。

致し方ないか。

 

反応よすぎて、タップすると画面がズレる

動画だと分かりにくいのですが、Apple Pencilは反応が良すぎて、ペン先がちょっとでも震えていると、スクロールと認識されてしまうのですよ。

指の微妙なふるえも見逃さないとは、お絵かきするときはとても優秀なんですが、マウスとしては微細すぎですね(^^;

 

 

拡大できない

無論、Apple Pencilでは拡大操作できません(^^;

 

思いのほか操作しにくい

上記の通り、反応良すぎるせいで思いのほか操作しにくいのです。コピペ一つにも苦労します。

これなら、キーボードの矢印キーで範囲選択して、ショートカットでコピペしたほうがいいですね(゚Д゚)

 

 

結論

というわけで結論でました。

指のほうが圧倒的に操作しやすい!

画面スワイプや拡大縮小に、けっきょく指を使うのなら、はじめっから指でいいじゃん、ということでした。

指じゃ操作しにくいから試してみたんだけど、デジタル入力の場合、Apple Pencilはまったく力を発揮できないのでした。あくまでもアナログ入力用デバイスということですねぇ。

あー、やっぱり、マウスのデジタル入力は不動のものですね。