iPadファン

タブレット9枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

レビュー:iPad Pro 9.7インチのSmart Keyboardは不要!

iPad Pro 9.7インチのSmart Keyboard(スマート キーボード)は不要です!

なぜならば、12.9インチですら打ちにくくて仕方ないというのに、さらに小さくなった9.7インチ用Smart Keyboardなど論外だから、です。

どうしても短文を書かねばならないようなお仕事の人……どんな人なのかは思い浮かびませんが……たとえば頻繁にTwitterを更新するような人……でもそれはiPhoneのフリック入力で十分だと思うし……

やっぱり用途ないですね、Smart Keyboard。メール打つのにすらイラッとすることでしょう。

 

 

日本語入力も酷くて、しかもATOK使えない

かてて加えて、iOSの日本語入力の酷さ。予測変換できないならするなって感じです。日本語入力の詳細はこちらへ

だから、Bluetoothの物理(ハードウエア)キーボードで、日本語入力でおなじみのアプリ『ATOK』を使えば、iPad Proでの文章執筆もイケるか!?と思って試してみたら……

Bluetoothキーボードだと、ATOK使えないときた。おいおい。

アップルサポートに電話したら、たしかに使えないとのこと。どうも、この挙動はAppleさんも気づかなかったようで「エンジニアにすぐ報告します」と言ってくれました。とても親身に対応してくれたのでそれはそれで嬉しいですけれども、ぼくひとりがクレーマーになったところで……って感じだし。ローカル言語の宿命か(ToT)

あなたも一緒に電話しよう!(爆)

そんなわけで、スマートコネクタ経由のSmart KeyboardでもATOK使えない可能性が高いのです。これを調べるために、使えないSmart Keyboardを購入する気にはなれないし、アップルサポートさんも分からないそうで。Smart Keyboardの在庫開けて試してよ、って気もするけど、そもそもSmart Keyboardほしくないのに、そこまでやってもらうのも気が引けます(^^;

 

とにもかくにも、ATOK使えるよう早くバージョンアップしてほしい今日この頃です。

ATOKさえ使えるようになれば、iPad1枚と、あとは、キーボードとApple Pencilという『筆記用具』を持ち出せば、カフェで旅先で、お絵かきしたりブログ書いたりできるのです! ああ……ステキ。

いまはiPad Proで文章入力に耐えられないものだから、やむを得ずMacBook Proを持ち出しているけれど、MacBook Proは単体でお絵描きできないわけで(ToT)

帯に短し襷に長しとはまさにこのことですね。

 

 

どのみち9.7インチのSmart Keyboard レビューは『不可』

まぁいずれにしても、Smart Keyboardは、そもそも論として打鍵しにくいこと極まりないので、より小さい9.7インチ用のレビューなんて『不可』の一言。不要です。

アップル本社では、本当に、こんなものでメールや書類を書いてるのかしら? 英語だと使い勝手違うのかな?

人間が機械に合わせちゃダメでしょう、って感じ。アップル製品は、機械が人間に合わせられているから評価されているのだと思うけども。Surface人気急上昇に当てられましたかね? アップルらしくない。

そもそも、あの美しいiPad Proにキーボードをくっつける必要性はないでしょう? Surfaceは無骨な筐体だからこそ、キーボードくっつけても違和感ないんですよ。(褒めてるつもり)

キーボードとApple Pencilを、ポシェットか何かに入れて、筆箱っぽく持ち歩けばいいだけ。iPad Proはさしずめノートですね。9.7インチともなれば、まさに紙ノート的な取り回しも可能でしょう。

Surfaceは、あれはあくまでもパソコンなんです。対してiPad Proは紙ノートのはず。紙ノートに筆記用具くっつけて持ち歩いている人いないでしょ?

 

だから、Smart Keyboardの代わりに、Apple Pencilを2本買った方がいいくらい。あ、いいなコレ。室内用と携帯用のApple Pencil。そうすれば、いちいち筆箱から取り出す必要なし。筆箱はバッグに常駐!

一刻もはやく、BluetoothキーボードでATOKを使えるようにしてほしい今日この頃。ブログに不評レビュー書いたら、みんなでガンガンAppleに電話しましょう(゚Д゚)