読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPadファン

タブレット7枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

Apple Pencilに最適なおすすめアプリまとめ

Apple Pencilを買ってからこっち、様々なアプリを試してみました。

ということで今回は、その中から最適アプリを、用途別におすすめさせて頂きます(^^)

ちなみにイラストアプリは、CLIP STUDIO PAINT(クリップ スタジオ ペイント)、略してクリスタも使えます!

「え? iPad Pro版クリスタ出たの!?」

と思った方、ツゥですね(^^) その答えはこのエントリーにて。

まずはビジネス用途からご紹介していきましょ。

 

 

図表や手書き文字・走り書きにはアップル純正『メモ』アプリ

アップル純正メモアプリ。単純に、Apple Pencilの性能を最大限に引き出すならば、コレが最強です。

f:id:sasa365:20160324190933j:plain

さすがは純正アプリ。Apple Pencilの遅延ゼロ。遅延を感じることまるでありません。図表に手書き文字にお絵かきに、万能アプリ。

ちなみに、メモアプリで描画したイラストはコレ。『だがしかし』のほたるさん。

f:id:sasa365:20160225221850j:plain

欠点としては2つ。

1つは、あくまでも『メモ』なので、データの整理がいまいちな点。Apple Pencilによる手書きデータのほか、日々のメモと一緒になってしまいます。たとえば、仕事で図表を書いたメモと、今日の夕食の買い物メモが時系列で並んでしまうのですわ。だから過去ログ探すのが大変そう。

2つめは、キャンバスサイズが変えられない点。たぶんコレ、プリントアウトを想定してA4サイズ固定なのでしょうけれども……Apple Pencilで書いたモノをプリントアウトするなら、最初からA4用紙に手書きすればいい気もします。

ちなみにPhotoshop Sketchはどうかというと

Apple PencilといえばPhotoshop Sketch (フォトショップ スケッチ)、と言われるほどワンセットで語られるアプリですが……メモアプリと機能がかぶるうえ、上記欠点も同じ。しかもApple Pencilの描画性能はメモアプリが上とあって、めっきり使わなくなりました。そもそもなんでPhotoshopの名前を冠しているのやら。イラストアプリなのに。

 

 

MacやPCと、同期しながら描画したいならMediBang Paint

イラストはiPadで描いて、仕上げはMacのPhotoshopで、という両刀遣いなあなたにはMediBang Paint (メディバン ペイント)。

メディバン最大の魅力は、クラウド同期機能ですね。iPad Proでクラウド保存すれば、Macのメディバンでもそのファイルが開けるのです! しかも、Photoshop形式の変換機能まである優れもの。

さらには、パームリジェクションが秀逸。以前は、多少の誤入力がありましたが、いまはもうまったくありません。カンペキです。素晴らしい。

レイアウトがいまいち(パネル多すぎ)なのと、スワイプによる回転機能ないのが惜しまれますが、何しろこれだけできて無料です、無料。運営会社大丈夫か?って心配になるほど素晴らしいです。

バージョンアップも早いので運営会社のヤル気を感じますね。今後のバージョンアップが楽しみなアプリ。

iPad Proのメディバン1つでキャラ描画を完結させたのが下記イラスト。文字入れと魔方陣は、MacのPhotoshopで加工。配色もPhotoshopで若干調整。こういう使い方ができるのが嬉しいですね。度々手前味噌で恐縮ですが(^^;

f:id:sasa365:20160328222221p:plain

 

 

iPad Proが液タブに!CLIP STUDIO PAINT on Astropad

iPad Proでどうしてもクリスタを使いたいならコレ! Astropad(アストロパッド)!

Astropadとは、端的にいえば、iPad Proを液晶タブレットとして使うアプリです。Macと繋げて。

クリスタのiPad Pro版が出たわけではありません。冒頭で期待させておいてごめんなさい。

でも、まるでiPad Pro版アプリのような使い勝手が実現できます。

 

しかも、デュアルディスプレイ化により、iPad Proは描画領域占有できて、サブモニターにパネルや作画資料も表示できる優れもの! 

作業領域の拡張は、iPad Proでは実現できない離れ業ですからね。液タブ化さして何がいちばんいいってアナタ、この作業領域の拡張なのですから。

 

さて、iPad Proを液タブ化するためには、Astropadというアプリを使うわけですが、このアプリでiPad ProとMacを繋げるだけで、WacomのCintiq13HDと同等のになるんですから、度肝を抜かれました。

iPad Proを液タブ化する方法はこちらにまとめましたので、合わせてご覧ください。

 

難点を上げると2つ。

まず若干の描画遅延は起こりますが……ぼくは許容範囲ではありました。

メイキングを撮影したので、CLIP STUDIO PAINT on Astropadの描画能力をご確認ください。

あ、ぼくの作画技能を見るんじゃなくて、描画能力がいかに凄いかを見てね? 等倍速です。BGM付き。

 

もう一つの難点は、iPadならではのタッチ操作がほぼできなくなってしまうんですよね。これがもったいない。

まぁこれは、そもそものクリスタがタッチ操作対応してないのでやむを得ないのですが。PCソフトですし(^^;

タッチ操作ができないという理由から、ぼくはこの後ご紹介のアプリ『Procreate』を頻繁に使うようになりました。

 

iPad Pro1枚でイラスト完成させたいならProcreate!

最近、いたくお気に入りのイラストアプリがこちら『Procreate』(プロ クリエイト)

イラストのラフから始まって、ペン入れやクリーンナップ、そして着色までもアプリ1つでできてしまう優れもの!

ぼくはしばらく、上記の『クリスタ on Astropad』を使っていましたが、やはり、iPad Proならではのタッチ操作を存分に活かしたいということで、最近はめっきりProcreateで作画するようになりました。

ちなみに、ビジネス用の手書き図表にも使えます。走り書きにも十分耐えますが、すぐ書きたい場合、キャンバスやペンの設定はちょっと面倒かも。

 

Procreate最大の魅力は、二本指による拡大はもちろん、なんと画面回転もできること! これ、めっちゃスムーズです!!

とにかく、気持ちいいほどの回転っぷり!

ぼくは、キャンバスをグリグリ回転させないとイラスト描けないのですが、意外にも、キャンバス回転機能のあるアプリは少ないんですよね。Procreateが初めての出会いでした。

ただ、iPad Proは取り回しがラクなので、iPad Pro本体そのものを回転させればアプリ回転機能の代用にはなります。でも、iPad Pro自体を回転させようと思うと、iPad Proを斜めに置けないんですね。これがちょっと難点。

だからProcreateによる回転機能は大変重宝しております。

さらに、純正メモアプリやPhotoshop Sketchと違って、キャンバスサイズも指定できますし、もちろんレイヤー機能もブラシ機能も、本格的なイラスト描画に必要な機能は一揃えそろってます。

インターフェイスレイアウトもよく考えられていて、描画領域が最大限に確保されているのもいいですね。

iPad Pro単体でイラスト描画するなら、これがいちばんでしょう。

 

Procreate1つでラフから着色までやってみたのが下図。

f:id:sasa365:20160522141359j:plain

ほぼなんの問題もなく描くことができました。とにかく、移動回転・拡大縮小のタッチ操作がメチャクチャ便利。

しいて難点を上げるとするならば、背筋を丸めてじぃっとしているので、肩こり首こりが発生することでしょうか(^^; 板タブでは正面を見ているのでこのようなことはなかったのですが。でもこれはアプリのせいではありませんゆえ。

 

Procreateは、設定などの詳細も書きましたので、下記エントリーもご一読ください。

>> Procreateの使い方:パームリジェクションと指モード

>> iPad Pro VS Cintiq 比較:ショートカットキーなくても大丈夫?

 

まとめ

いろいろ試してきた結果、2016年5月時点では、下記使い方がいちばんオススメかなと思います。

  • 図表ラフに走り書きなど、ササッと書きたいならメモアプリが最適。
  • クリスタ使いたいなら、iPad Proを液タブ化して、CLIP STUDIO PAINT on Astropad。
  • iPad Pro単体でお絵かきしたいなら、Procreateがオススメ。

ぼくはProcreateに慣れたので、作図から作画まで、なんでもかんでもProcreate1つで済ませるようになりましたが、ビジネス用途なら、Procreate買うほどでもないのでメモアプリがいいと思います。

あと、クリスタ作画データが膨大にあってクリスタ手放せない、などの人は、CLIP STUDIO PAINT on Astropad でお絵かきするといいですね。

それにしても、iPad Proが1枚あれば、いつでもどこでもお絵かきできるようになりました。屋外でお絵かきしようと思えば、画板やバケツや筆に絵の具にと、お絵かきセットが大荷物になりますが、これがiPad ProとApple Pencilだけでいいなんて、夢のようです(^^)

いつかスケッチ旅行なんていってみたいですなぁ。

 

Apple Pencilのレビューもあるよ

Apple Pencilの描き味や使用感についてのレビューも書きましたので、ぜひ合わせてご一読ください。

>> Apple Pencilレビュー:イラスト描く描かない問わずお薦め!