読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPadファン

タブレット7枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

iPhone SEで、おサイフケータイは使えるか?

昨日友人に「iPhone SEで、おサイフケータイ使える?」と聞かれまして、ちょっと調べてみました。

ということで今回は『iPhone SEでおサイフケータイを使う方法』をエントリーしてみたいと思います。

 

 

そもそも論として、iPhoneで、おサイフケータイは使えないので……

まず、iPhoneのまんまでは、おサイフケータイは使えないのですね。

テクニカル的には、「ピッ」と通信するための細々とした『約束事』が、iPhoneとおサイフケータイでは違うのです。だから使えない。

ビジネス的にも、iPhoneがApple Payをリリースしたことからも分かるとおり、iPhoneにおサイフケータイ機能をつける気はサラサラないのでしょう。電子マネー市場は莫大ですから、これをグローバルに取り込んでいきたいのがアップルの戦略でしょうし

なのでどうしても、ドコモのおサイフケータイをiPhoneで使いたい人は、専用ケースが必要になります。

 

 

専用ケース『おサイフケータイジャケット01』を使う!

そこでドコモさんは、
「せっかく普及させたおサイフケータイなのに、アップルにかっさらわれるのは是が非にも避けたい。なんとかならないものか……」
と考えました。

そうして生まれたのが『おサイフケータイジャケット01』

『おサイフケータイジャケット01』とはこんな仕組みです。

  1. ジャケットにおサイフケータイの通信機能をつけてしまう。
  2. そのジャケットで、レジとやりとりして決済する。
  3. 決済データは、Bluetoothという通信で、ジャケットからiPhoneに送信。
  4. iPhone側は、専用アプリで決済データを受信。
  5. アプリで、残高確認などできる。

というような仕組み。うーん、回りくどい。

 

まぁこんな仕組みを知らずとも、ユーザーが行うことは次の3ステップのみ!

  1. 『おサイフケータイジャケット01』を購入
  2. アプリをインストール
  3. 『おサイフケータイジャケット01』とiPhoneをBluetooth接続する(これをペアリングといいます)

こうすることで、ついにiPhoneでおサイフケータイを使えるようになるのですね。

難関は3番、ペアリング作業でしょうか。ぼくのようにITオタクの人は簡単ですが、慣れてないと難しいかもしれません。なのでここは、取扱説明書を注意して読むようにしてください。ペアリングは、1回やればあとは行う必要ありませんから、1回限りの辛抱です。

 

 

iPhone SEで『おサイフケータイジャケット01』は使えるのか?

メーカーサイトを見ると、『おサイフケータイジャケット01』がiPhone SEに対応するかどうか書かれていないのですが──使えます。

小型(4インチ)iPhoneシリーズでは、SEの一世代前の機種は5sですが、SEと5sのサイズはまったく同じだから、使えるんですね。重さがわずか1g違うだけ!

iPhone SEと5sのサイズ比較表
 iPhone SEiPhone 5s
高さ 123.8 mm 123.8 mm
58.6 mm 58.6 mm
厚さ 7.6 mm 7.6 mm
重量 113 g 112 g

中身のOSもまったく同じですので、アプリがインストールできないということもありません。故に使えるわけです。

ただし、間違ってiPhone6用のジャケットを買わないよう気をつけてください。一回り大きくなってしまいますゆえ。

必要なのは、『iPhone 5s』用の『おサイフケータイジャケット01』です。

 

でもちょっと待って? そんなにおサイフケータイ必要かな?

ここまで案内しておいてなんなのですが……

ジャケットも5400円とそこそこ高いですし、いまいちど、おサイフケータイの必要性を考えてみてもいいかもしれませんね。

 

Suica・ICOCA・iDなどのカードとおサイフケータイの大きな機能的違いはなんでしょうか?

いちばんの違いは、残高確認ができるかどうか、ではないでしょうか? でも残高確認って……そんなに重要ですかね?

iDに関して言えば、クレジットカードと一体化しているので残高確認する必要すらありません。

Suicaなども、買い物時、レシートに残高が書かれていることほとんどですからそこで確認すればいいわけだし、Suica系の交通カードを使っている人が交通機関に乗らないということもないでしょうから、これもクレジットカードと一体化させてオートチャージつけておけば、残高はほぼ気にならなくなります。実際にぼくがそうです。ちなみにオートチャージはすっごく便利。

 

カードがひとまとまりにできるというのも、定期カードケースに入れておけばひとまとめにできるじゃん、って感じですし。今日びのスマホはデカくなりすぎてポッケには入れられないけど、カードケースはポッケに入りますでしょ?

ぼくは、カード数枚持ち歩くほうが利便性高いと思うのですけれども。

 

ようは、『少額決済』という新たな電子マネーの決済マージン中抜きをどこがするか? なのですけれども。いままで日本ではドコモが寡占状態にあったのに、アップルがこれに殴り込みをかけてきた感じですね。

なのでiPhone SEなどでおサイフケータイを使おうと思うと、どうしても回りくどくなってしまうわけです。

ここは素直に、カード発行会社にお金を落とす、という昔ながらの方法に立ち返ることも視野に入れつつ、iPhone SEでおサイフケータイを使うか否か、考えてみてくださいね〜。