読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPadファン

タブレット7枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

ようやく、iPhoneがお風呂で使えるかも!

iPhone7が防水仕様になる──との噂が広まってきましたね。

最近のアップルは、既存商品のモデルチェンジは情報ダダ漏れですから、かなりの高確率でiPhoneが防水仕様になるのではないかと思われます。

っていうか、いつかは克服しなければならない課題ですし。防水は。

 

 

そもそも、アップルウオッチは防滴仕様ですし、他社スマホは防水仕様もあるわけですから、遅いくらいの対応です。

iPhoneを壊してしまう大きな原因の一つが水ポチャですしね。

iPhoneのきっつきつなデザイン仕様だと、なかなか難しかったのかな。ライトニング端子にゴム蓋をつけるわけにもいきませんしねぇ。

 

さてさて。

iPhoneが防水仕様になることで、水ポチャ悲劇はもちろん、いよいよついに待望の!電子書籍がお風呂で読めるようになるわけです!!

お風呂で本を読む人って意外と多いと思うのですが、あなたはどうですか?

 

「本をお湯にぬらすなんてもってのほか」と思っていた人も、そんなこと気にする必要なくなるわけです。

実用書もビジネス書もマンガも小説も、半身浴しながら読めるのです。

参考書が電子書籍で売ってれば、受験や資格の勉強もお風呂でできます。

お風呂でゲームだってできます。

潜水したって本が読めます!(何の意味が?)

できればアレですね、温泉や銭湯でも浴槽にスマホ持ち込みを解禁してほしいですね。でもサウナは無理か(^^;iPhoneを局地仕様にしないと(戦場にいくニーズは少ないなぁ)。

 

 

かくいうぼくの場合、電子書籍はもとより自炊書籍も山ほどあります故、今後はぜひとも、iPadも防水仕様にして頂きたいわけです。(自炊書籍とは、紙書籍を裁断してスキャンしてPDFというデータにすること)

防水ケースもありますけど、めちゃくちゃ不安なので使ってません。外部の水分は弾くとしても、湿気とかケース内空気の水分とかを、防水ケースはどう対応しているのか不明瞭なのです。真空にでもしないかぎり無理じゃない?

というわけでぼくは防水ケースを使っていないのですが……iPadが防水仕様じゃないと色々不便なのです。

 

例えば、特定の雑誌は定期購読しているのですが、紙版とPDF版がありまして、本当はPDF版を定期購読したいのですが、わざわざ紙版を注文して、自炊作業をして、PDF化しているのですね。

それもこれも、PDFはお風呂で読めないから。紙版も、お風呂で読むとへにゃへにゃになったり破けたりしますけど、PDFにしているから読んだら捨てます。だから問題ないのです。

そのほか、必読書とかもわざわざ紙で買って自炊したりしています。お風呂で読みたいがために。

 

 

これがもし、iPadが防水仕様になったなら……

もちろん、あらゆる本は電子書籍やPDFで買いますよ!

そうしたら、うちはもうカンペキペーパーレス。我が家には、紙の1枚も侵入を許しません!

 

あーでも、うちは都内の賃貸マンションだから、お風呂がちっちゃいんですよねぇ。浴室も狭くて圧迫感あるし、窓付いてないし、浴槽は足伸ばせないし。

それでも我慢して長湯してるけど、iPhoneやiPadが防水仕様になるのなら、もっとゆったりお風呂入りたいなぁ。

いっそ郊外に家買うか!?

……お風呂でゆったり読書したいがために、しかもiPhoneのオプションとしての家購入とか……どんだけ……(^^;