読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPadファン

タブレット7枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

iPad ProとApple Pencilはイラストを上達させる!

iPad ProとApple Pencilを使い始めて思ったのですが、これは、間違いなく、イラストが上達しますね。

なぜか?

道具によって画力が急上昇することはもちろんありませんが、iPad ProとApple Pencilは、『いつでもどこでも絵が描ける』から、なのです。

 

 

唐突ですが、行動科学という心理学分野があります。

端的に言えば「どうすれば、人の行動や習慣は変えられるか?」ということ。

資格試験を勉強しようと思っても、三日坊主。
ダイエット始めてもリバウンド。
貯金をしたくても使ってしまう。

こういうダメな感じの行動を、科学的に解明し、理論的に変えていこうという学問なのですね。

この行動科学の解説書『続ける技術』に書かれていた技術の一つに、『行動のハードルを低くする』という技術があるのです。

例えば、英会話を勉強する習慣を身につけたいなら、英語教材を常に目の届くところに置いておくとか、常にスマホに入れておくとか。

例えば、ランニングを決意したなら、すぐに着替えられるよう、トレーニングウエアを常にハンガーに掛けておくとか。

こういうちょっとした小さな仕掛けが、行動促進の大きなカギになるわけですね。

 

話を戻して、iPad Proでどうして画力が向上するのか?

もうおわかりですね?

iPad Proは、すぐさま、直ちに、絵を描くことができるからです!

 

 

従来のように、「さぁ絵を描こう!」と思ってパソコンを立ち上げる必要はありません。
ペンタブを接続する必要もありません。
アプリの起動をじーっと待つ必要もありません。

iPad Proは常にスタンバイしています。
アプリはワンタップで立ち上がります。
そして何よりも、机にかじりつく必要なく、ソファでも、布団でも、どこででもお絵かきができるのです!

かつてこれほど、CGが身近な存在になったことがあったでしょうか!?

ありません。

ありませんよ!

 

紙とペンだって、机の上でないと絵が描けなかったというのに、iPadとApple Pencilときたら、ソファの上でも絵が描けるんです。

ソファに寄りかかって、左手でiPadを持ち、Apple Pencilを走らせられる! まぁ10分もすると指がしびれてくるけど(^^;

何しろ、布団の中でペン入れも色塗りもできるのですよ!? 布団に画材を持ち込もうとしたらアナタ、とんでもない手間、どころか、絵の具をこぼしでもしたら大惨事に……

それもこれも、すべてiPad Proならできてしまうわけです。

CGが、いつ何時も、片時も離れずにあなたの隣に這い寄ってくるのです。(byニャル子)

いつでも、すぐに、さっと絵が描ける環境。

これこそが、画力向上の最大の秘訣というわけです。

 

これからiPhone7が出てきて、それにもApple Pencilが対応したとしたら。

すごいことになりますね。

電車の中でも、カフェの中でも、ちょっとした人待ち時間も、信号待ちですら、iPhoneとApple Pencilをバッグに忍ばせておけば、さらりとスケッチが出来てしまうのです!

す……素晴らしい……!

 

かつてパソコンは、文章をより身近なものにしてくれました。タイピングさえできれば、誰でもすぐ文章が書けるようになりましたからね。原稿用紙と万年筆はもう不要になったのです。

そして今度はタブレットが、絵をより身近なものにしてくれるのです。これからは、いつでもどこでも絵が描けます。

あとはどんな絵を表現するか。

発想は無限大ですね。