読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPadファン

タブレット7枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

Apple Pencilが、iPhone 7に対応したセカイ

もしも、Apple PencilがiPhone 7に対応したら……

すごい……すごいよアップルさん。

iPhone 7は、ぜひとも、ぜひともApple Pencilを使えるようにしてほしい。

そうしたら、自分的には大不評のiPhone plusに買い換えますよ!

 

 

スケッチを屋外で

Apple PencilがiPhone 7に対応したら、まず何よりも、絵を描く人にはたまらないでしょう。

というか、達人は指でここまで描けるわけですが……

 

 

さすがに気が遠くなるし、描画方法がちょっと特殊です。油絵の厚塗り的な感じですから、気軽にスケッチとは言えないでしょう。

これがApple Pencilを使えば、フツーに、お絵かき感覚で屋外スケッチが可能に!

すごい……ぜひやりたい。

屋外で風景画とか、暇つぶしにさらりとデッサンとか、もってこいだと思うのですよ。

人待ち時間にだってお絵かき出来る!

スタバでiPad Pro広げてスケッチしてたらえらい目立ってしまうと思うのですが(注目浴びたい人ならいいけど)、iPhoneに絵を描いているのなら、一見、スタイラスペンで操作しているようにしか見えないから、ぜんぜんオッケーだと思うのです。

 

こんな使い方ができるのなら、ダイキライになったiPhoneが、再び大好きになることでしょう。(片手で操作できなくなってからこっち、iPhoneキライになりまして)

いいなぁ……iPhone 7 plusでお絵かき出来るセカイ。

ぜひとも実現してほしいなぁ。

 

 

絵を描かなくても活用方法は無限大

スタイラスペンがあるくらいですから、絵を描かない人も活用方法はいろいろあります。

何よりも注目なのが「文字を書く」ですね。手書き文字を書くわけです。

何かしらの手書き文字アプリは必要でしょうが、というか、iOS10あたりで標準機能になってほしいですが、ぼくは、フリック入力はキーボードほど早くないので、煩わしいのですね。

ちょっとしたキーワードとか、メッセージ返信とか、そういうのは手書き文字のほうが便利だと思うのですよ。

以前使おうとしたスタイラスペンは、お世辞にも『文字が書ける』とは言えませんでしたが、Apple Pencilなら余裕です。

デジタル極まってアナログ回帰とは、なかなかおもしろい現象ですね。

 

あとは、メッセージに矢印を書き込んだり、○△□で重要箇所を囲んでみたり、顔文字ではなく落書きでコミュニケーションを彩ったり。

iPhoneとApple Pencilの組み合わせは、スマホでのコミュニケーションを拡張すると思うのですね。

このことに、アップルさんは気づくかどうか!?(超上目線)

それに、iPhone対応させたほうが、Apple Pencilはもっと売れるでしょ?

いまから楽しみですねぇ、iPhone 7。