iPadファン

タブレット9枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

iPad/iPad miniでスタイラスペンを使いたいので比較してみた

ひっさびさの晴れ間だったので洗濯機を4回も回した佐々木です(^^;

さて今回は、読者さんから以下の質問を頂きましたのでお答え致します!

質問
「 iPad ProとApple Pencilはちょっと値が張るので、iPad(無印)と他社製スタイラスペンで書くのはどうでしょうか?」

なるほどその手があったか……!

iPad Pro & Apple Pencil の反応速度には及ばないと思いますが、iPad(無印)はとてもコスパがいいですし、他社製スタイラスペンでの反応速度がそこそこならば、文字などは手書きできるかもしれません。

となると、お絵かきはせず文字を書くだけの人には『iPad(無印) & 他社製スタイラスペン』でもいいかも?

ということで比較してみました!

ちなみに、Apple Pencilが使えないiPad miniも考慮してみましたので、iPad mini愛用の方もご一読ください。

 

 

使ったスタイラスペンとiPadとアプリについて

まずiPad本体は、Apple Pencilと比較しますのでiPad Pro 10.5インチに書いてみました。ついでにiPad mini 2にも書いてみました(こっちはApple Pencil使えませんが)。

 

つぎに使用アプリはBamboo Paperにしました。後述のスタイラスペンはWacom製にしまして、なるべくWacom製スタイラスペンが優位になるようBamboo Paperを選んだ次第です。Apple Pencilがよいのは当たり前ですので(^^;

 

そして使用したペンは下記3種類です。

『Bamboo Sketch』は、「ペン入力といえばやっぱりWacom」ということでWacom製品の中から、2017年8月現在で最もハイスペックなものを選びました。お値段は8,798円(税込)とけっこう高いです。

『MEKO スタイラス タッチペン』は、廉価版の中からAmazonで人気のモノを選びました。現時点でのお値段は799円(税込)とめっちゃ安いです(^^;

ちなみにApple Pencilは11,664円(税込)ですからやっぱり高額ですね。

この価格差に見合うだけの性能差は、果たしてあるのか否か!? まずは動画でご確認ください。

 

 

スタイラスペン比較の動画

 

 

スタイラスペン比較の私見

動画を見て、その書き心地は如何に感じましたでしょうか?

動画だとそこまで書き心地の違いが伝わらないかもしれませんし、書き心地は人それぞれ感じ方に違いはあると思いますが……ですがぼくの私見をいうならこうです。

「Apple Pencilを知ってしまったいまとなっては、他社製スタイラスペンにはもう戻れない!」

Apple Pencil、さすが純正かつ専用だけあって段違いで桁違いです。「Apple Pencilはスタイラスではなく鉛筆」とAppleさんが主張するのも頷けます。

iPad ProとApple Pencilの組み合わせだからこそ『紙とほぼ同等の書き心地』なのだ改めて実感しました。

 

これに比べて『Bamboo Sketch』は、反応速度がだいぶ劣ります。文字を手書きしている時も、スピードをあげると書けない場合もあります。なので一筆一筆を「ぐっ、ぐっ」と強く押し込み、ゆっくり書かねばなりません。

例えるなら「インクが切れかかったボールペン」のようでした。書けなくはないですが、じみ〜にストレスを感じます。

さらには手のひらを画面にくっつけて書こうとしたらほとんど書けません。手のひらをつけても大丈夫にする『パームリジェクション』という機能を搭載しているMediBang Paintというアプリでも書いてみましたが、やっぱり「インクが切れかかったボールペン」のように線が飛び飛びになります。

アプリだけのパームリジェクションは限界があるのでしょうね。ハードからもリジェクションしてやらないと。

というわけで地味なストレスをすごく感じるわけですが、この地味なストレスこそコンピューティングにとって致命的だとぼくは思うのです。まさに塵も積もれば山となるで、ストレスがたまると、買ったはいいけど結局使わなくなる可能性が高いです。

さらに作画においても同様で、非常にストレスを感じました。製品名に Sketch(スケッチ) と入っていますが、このペンでスケッチするのは至難の業だと思います。

絵が上手で、線を入れる回数が少なくて済む人はこのペンでも描けるかもしれませんが、ぼくは、なんどもなんども線を引き直しますので、そういう人にはまったく向きません。ペンの反応が遅延して線が描画されない……などということが頻発します。

さらにBamboo Sketchは、その性能(筆圧感知とか)をフルで発揮するためには、対応するアプリを使わねばならないところも難点です。もちろん、サードパーティである以上やむを得ないとは思いますが……

対応アプリについては公式サイトにてご確認ください。

 

『MEKO スタイラス タッチペン』に至っては、これはもう不要ではないでしょうか?

やはり手のひらを画面についてですと書けません。

そもそも筆圧感知もできないので、これはペンの代わりではなく指の代わりですね。

まぁ……指よりは文字を書きやすくはなると思いますし、世間には指一本でオバマさんの肖像画を描く強者もいますから、そういう人ならこのペンでもお絵かきできるのでしょうけれども……このエントリーではそのような神業は除外です(^^;

故ジョブズさんが「誰がスタイラスなんか欲しがるんだ!」といっていた通り、「指代わりのスタイラスペンならいらない」とぼくも思います。それほどにiPadもiPhoneもタッチ操作が秀逸ですから『先端が細いだけの棒』は不要なのです。必要性を強いてあげるなら、指紋を付けたくないとかでしょうか。

Amazonレビューは高いですが、まぁ価格のわりにということでしょう。Apple Pencilに慣れてしまったぼくとしては使用するのには耐えがたい代物でした。

 

まとめ:Apple Pencilが使えない端末で使うのが吉

ということで、当初予想よりも段違いに性能差を感じた次第です。

なので読者さんからの質問「iPad(無印)と他社製スタイラスペンで書くのはどうでしょうか?」への佐々木回答はこうなります。

「ちょっとでも手書き用途をお考えなら、iPad(無印)と他社製スタイラスペンの組み合わせはやめましょう。やっぱり、iPad Pro 10.5インチとApple Pencilはズバ抜けています」

 

ただしiPad miniは、そもそもApple Pencilに対応していません。

あの鷲掴みにできるサイズこそ手書きメモ用途に最適だと思えるのですが、近年のAppleさんはiPad miniに対して情熱を燃やしているようには見えませんので、たぶん、iPad Pro 7.9インチ(miniと同等サイズ)は発売しないのだろうと思われます。

なので、どうしてもiPad miniで手書きメモなどしたいという人は『Bamboo Sketch』となりますが、対応アプリが限られますので、使いたいアプリに対応しているかを確認しておきましょう。

対応していないと、高額なのに『先端が細いだけの棒』になってしまいますから、対応していないのであれば格安の『MEKO スタイラス タッチペン』で十分かと思います。いずれにしても、どちらのペンでも『手のひらを画面について書く』『キレイな文字を書く』のは諦めましょう。

 

でもiPad miniに関しては、もう一つ思うことがあります。

それはiPhone Plusの存在です。

例えば取材などで、片手で端末を鷲掴みにして筆記したい場合、iPad miniよりiPhone Plusのほうがよりホールド感があると思います。

2017年8月現在は、iPhone PlusはApple Pencil未対応ですからやむを得ませんが、いずれ対応するとの噂です。

そうすると、iPhone Plusの小さな画面にも、けっこう文字を書き込めることになるんですね。Apple Pencilはまさに鉛筆のようですから、手帳サイズのiPhone Plusならかなり文字を書き込めることと思います。

こうなるとiPad miniの出番はますます少なくなってしまうかもしれませんね。

だからやっぱりiPad miniで手書きしたい人は、格安の『MEKO スタイラス タッチペン』で間に合わせておき、iPhone PlusがApple Pencil対応になったらそっちに乗り換え、という選択肢もありだなーと思われますね。

ちなみに絵を描きたいならiPad ProとApple Pencil以外に考えられないと思います。

以上、ご参考になれば幸いです(^^)

iPad Proが紙ノート代わりになるアプリ『noteshelf』の使い方

このところ書類仕事が続き「うち、なんか会社っぽい!」と感じた佐々木です(^^;

さて今回は、読者さんからのご質問に答えるエントリーをお届けします!

質問内容は「noteshelfでPDFに書き込みを入れたいと思ってます。方法を教えてください」とのこと。

なのでまずはnoteshelf(ノートシェルフ)とはどういうアプリなのか? という基本的な使い方からお話して、PDFの取り込みと書き出しの操作方法を動画でお見せしていきましょう!

 

 

noteshelfとは?

ではまずnoteshelf(ノートシェルフ)とはなんぞや?ですが、一言でいえばiPad Proを紙ノートのように使うアプリです。

紙ノートとは、ノートPCのことではなく、大学ノートとかのことですね。

Apple Pencilをはじめとするスタイラスペンで、フリーハンドで文字を書くことはもちろん、図形を描いたり、写真を添付したり、さらにnoteshelfはボイスメモまでノートに添付できるというスグレモノです。

もちろんデジタルなので、書き損じた文字を消すのも簡単、消しカスも出ません。オマケにハサミがなくても切り貼りまでできてしまいます。

さらには、PDFファイルに書き込みを入れることも可能という万能アプリなのですね。

これだけできれば、もはや紙ノートより利便性が高いですね!

とまぁ前置きはこのくらいにして、その使い勝手と使い方を動画でご覧ください!

 

 

noteshelfの基本的な使い方

 

 

noteshelfでPDFを編集する方法

noteshelfは、PDFにフリーハンドで書き込みを入れることもできますが、読み込み(インポート)から書き出し(エクスポート)までの一連の操作方法がちょっとわかりにくいのが難点です。

なのでその辺も動画にしました。こちらもご覧ください。

 

まとめ:右開きがあれば最高だけど

以上が、noteshelfの使い方と、PDFに関する操作方法でした!

noteshelfは、ソフトバンクの孫正義さんが絶賛していたとか。確かに、その使い心地はかなりよいと感じました(^^)

ぼくはいままで、PDFに書き込みを入れるときはPDF Expertというアプリを使っておりましたが、今回質問を頂いてnoteshelfを使ってみたところ、その書き心地はPDF Expertより上回っていると感じました。

App Storeのレビューにもあるとおり、noteshelfはまさに紙に書き込むかのように使えますね!

なので今後、PDFに書き込みを入れたいときはnoteshelfにしようと考えております(^^)

あとはもちろん、勉強会や講演会のときのメモやノート代わりにもガリガリ使えそうです。

 

唯一難点があるとしたら、2017年8月現在は右開き対応しないことでしょうか。アメリカ製アプリなので、縦書きは考慮されていないのです。縦書きが考慮されていないとどうなるのかというと、上記動画でご覧に入れましたとおり、縦書きPDFではページ送りが逆になってしまいます。

数ページくらいならまぁ我慢できるものの、100ページ以上の──例えば書籍原稿の校正に使うとかになると、ページ送りが逆だとちょっともどかしい思いをしてしまうかもですね。

バージョンアップで右開き対応になることを期待しております!