iPadファン

タブレット14枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

iPad、埃をかぶっていませんか?

限定コンテンツ

先日、友人宅で宅飲みしてたら、衝撃の光景が……!

なんと、iPadが雑誌の合間に挟まって、無造作に放置されているではありませんか!

それはもう、使っていないことが一目でまるわかりの光景だったのです!

なんともったいない……(^^;

ぼくなんて、充電する間もないくらいiPadを使っていますけどね?

すぐにiPadを取り出せるよう、デスク脇にマガジンラックを設置して飾っているくらいですから。

こんな感じに↓

f:id:sasa365:20160109163821j:plain

というわけで今回は、iPadが埃まみれにならないよう、ぼくの日常から、活用方法をあぶり出してみたいと思います(^^;

 

場所:どこでiPadを使うか?

屋内はiPad、屋外はiPhoneという棲み分け

まず、iPhoneとの使い分けについて。

iPhoneが大型化してからこっち、iPadのシェアはどんどん喰われておりますが、そうはいってもiPadでないと不便なこともあります。

例えばA4サイズPDFの読書。

A4サイズPDFは固定レイアウトなので、iPhone Plusだと、本体を横にしてスクロールすることになります。が、しかし、原寸表示のスクロールなしで読めるのならそれがベスト。それができるのがiPad、というわけです。

f:id:sasa365:20161207132504j:plain

だからぼくは、自然と、室内ではiPadを使うようになり、屋外ではiPhoneを使うようになりました。

室内では大画面のiPadを使い、屋外では取り出しやすいPhone、というわけです。

 

室内でのiPad活用は、デスクに座ってはもちろん、ソファの上でも、ベッドの中でも、いまや片時も手放しません!

Macに向かっていない時間のすべてはiPadを触っているといっても過言ではないでしょう。

食事中ですら、iPadでアニメいてますし……素晴らしきかな独身生活(ToT)

 

デスクの上で

デスク上でのiPad活用は、主にお絵かきか、メモ代わりに使っていますね。

iPad Pro 12.9インチとApple Pencilです。

机にアームなんぞくっつけて、そこにiPad Proを乗っけて使っています。

 

普段はこんな感じに折りたたんでアーム格納。

f:id:sasa365:20161207132455j:plain

ちなみに、アームはエルゴトロン製。アームの先についているトレイは、本来はノートPCトレイなんですが、iPad Proを置くために代用しています。

 

描画するときは、アームを引っ張り出してiPad Proを乗っけます。

f:id:sasa365:20161207132448j:plain

f:id:sasa365:20161207132450j:plain

f:id:sasa365:20161207132453j:plain

 

どしてこんな大がかりなことしているのかというと、描画するとき、iPad Proをなるべく顔に近づけたかったからなんです。

板状ペンタブレットでお絵かきしていたときは、画面と顔が正対していたので、姿勢が悪くなることなかったのですが、液晶ペンタブレットやiPad Proにしてからは、背中を丸めて絵を描くじゃないですか。画用紙に描くような感じになるので。

そうすると、肩こりが酷くなったのですわ(^^;

だから、背中が曲がるのを──つまり肩こりを出来るだけ軽減するため、顔を画面に近づけるのではなく、画面を顔に近づける必要があるわけで、ゆえに、iPad Proをアームで吊り上げたのです!

 

しかし、このアーム使用、背筋を伸ばすことには成功したものの……Apple Pencilでカツカツと描画していると、けっこう揺れるんすわ(^^;

だから左手でアームを支えてやる必要があり、そうすると、Macと接続して使っているときは、ショートカットキーが操作しにくくなるのです。

だから使用感は60点くらいかな。及第点といったところで、使用をやめるにまでは至らないけど、満足もしていないレベル。

もっといい方法がないか模索中です。

 

ソファの上で

仕事に疲れたら、ソファの上でゴロ寝して、iPad Pro 9.7インチでマンガやアニメを見ております!

そのためにわざわざ、寝っ転がれる大きなソファーを買いまして。

f:id:sasa365:20161207132459j:plain

このソファは大変満足しております。

通常のソファより硬くて深いんです。だから、座り心地は今ひとつですが、寝っ転がり心地は最高です(^^)

そもそも自分、座ってるより寝っ転がっていることのほうが多いので!

ただし、ベッド代わりするには小さいので、20〜30分程度の仮眠くらいがちょうどいい。つまり休憩にはもってこいなのですね。

このソファの名前も、そのまんま『シエスタ』といいますし(^^;

ということでぼくは、休憩中もモニターを見ているということですねー。

 

テーブルの上で

食事中は、テーブルにiPad Pro 12.9インチを置いて、アニメを再生させています。

f:id:sasa365:20161207132508j:plain

さすがは独身生活、といった感じですねぇ(ToT)

ちなみに画面は、2016年で最も気に入ったアニメ『この美術部には問題がある!』の宇佐美さん。喜怒哀楽激しいキャラが人気の秘密か!?

 

あと、うちにはテレビがありません。

そもそもぼくは、子供の頃からあまりテレビを見ることなかったもので、お独り様歴かれこれ十数年ですが(ToT)、テレビというものを買った試しがありません。

ですがアニメ好きなので、以前は宅配DVDとか使ってMacで再生していたのですが、いまや、ネットでアニメ見放題ですよ。

しかも、あんな薄いiPadで!

いい時代になりました。

まぁ、だからこそお独り様をこじらせているといえなくもないですが(^^;

 

ベッドの中で

そしてもちろん、就寝時にもiPadは手放せません。

ベッドで寝っ転がりながら、iPad Pro 9.7インチで、マンガやラノベ読んだり、アニメ見たりしております。

横になりながらiPadを上手くホールドするにはコツがありまして、下図のような感じ。

f:id:sasa365:20161207132501j:plain

寝衣の袖口に、iPadを引っかけるんですね。

こうすることで、指が疲れることなくiPadを持つコトができるのであります!

このホールドテク、iPhoneじゃできないんですねー。筐体が小さくて、袖口に届かないから(^^;

しかも、iPhone Plusは意外と重いので指先だけで持っていると……指が疲れます(ToT)

なので、ゴロ寝のときは、iPhoneのコンパクト設計が逆に仇になるのですね。

さらにぼくは、夏場でも、薄手の長袖や七分袖を着用しているので、iPadのホールド感は万全なのです。クーラーにやられて夏風邪引かないというメリットもあります。

とにもかくにもぼくは、iPadのために、衣服にも気を遣うこだわりようなのです。オサレではなく(^^;

あ、画面は、最近いたくお気に入りの『手品先輩』のKindle版。ポンコツ美少女はやはりイイ……!

 

用途:どうiPadを使うか?

基本は読書

ぼくのiPad基本用途は、読書です。

マンガに始まり、ライトノベル(軽めの小説)、実用書、ビジネス書、仕事の資料……などなど、なんでもiPadで読みます。

電子書籍が出ている場合はそれを買います。Sonyのリーダーストア→iBooksストア→Kindleストアという変遷を経ました。

電子書籍は、提供会社が潰れるとちょいと困ったことになりますが、まぁAmazonが潰れることはないでしょう──という理由から、今はKindle一択です。

 

電子書籍がない場合や、仕事の資料は『自炊』をします。

書籍を、裁断して、連続スキャンして、PDFデータにする作業を『自炊』と呼ぶのですね。

そして完成したデータを『自炊本』『自炊書籍』などと呼びます。

こうすることで、紙だった物体がデータになり、iPadやiPhoneに格納できるのです。

例えるなら、書籍の紙面を何百枚と写真を撮るようなものですね。

でも高速スキャンできるので、1冊5分もあればPDFデータにできるのです。

 

自炊を始めた当初は、書籍保管のため、読み終えた本を自炊しておりましたが、いまや、読みたい本から先に自炊しております。

なぜか?

iPadやiPhoneに入れておくことで、いつでもどこでも本が開けるから。

まぁぼくの場合、いつ何時も常に、iPadまたはiPhoneが手元にあるからなのですが。

でもこうすることで、積ん読化して死蔵されてしまった本の読書も、だいぶ読了できるようになりました。

この辺の読書効率化については『iPhoneで、効率的にスキルアップ!する方法』にてご確認ください。

 

アニメも見るよ?

仕事が終わって夜のひとときは、アニメも見ます!

主に使っているのは、『バンダイチャンネル』というサイトと、Amazonの『プライムビデオ』というアプリですね。

バンダイチャンネルはアニメ・特撮専門で1080円/月。DVD宅配レンタルしていたぼくとしては、驚きの安さです。

プライムビデオは多種多様な映像作品が網羅されています。しかも、Amazonプライム会員は見放題。3,900円/年でアニメ・ドラマ・映画はもちろん、音楽も聞き放題、物販の配送もほとんど無料、ということで、えげつないほどすごいプランだと思います。

この2つがあれば、もはや、暇を持て余すことはないでしょうねぇ。

 

ちなみにぼくは、ゲームはあんまりならないのですわ。

万が一ハマってしまったらネトゲ廃人になる自信アリ!なのが理由のひとつと、もう一つは、仕事でPCを使うようになってから、画面を『見る』『読む』まではいいのですが、『操作する』という行為がしんどくなってきたので。

朝から晩までPC操作していますゆえ(^^;

たまにゲームダウンロードしようとしても、おおよそ、最初の膨大なチュートリアルで断念してしまいます。

 

ちなみにぼく、IT業界に籍を置く以前は、なんと、ケーキ屋さんにおりまして。

ITなんも関係ないですがな(^^;

そのときは接客製造の立ち仕事だったものですから、ケーキ売ったり作ったりしたわけですが、だから画面を操作するのがツラいということもなく、帰ってきたら、めっちゃゲームしてましたねぇ。

もともとはゲーム好きで、当時から、デジタル的なモノに興味があったものですから、ケーキ売っている最中に「いやオレ、なんでケーキ売ってるんだろう?」とふと我に返りまして、IT業界に転職した次第です。

ケーキ屋さんだって、学生バイトの延長でやってただけだったので。いやあの大学やめちゃいまして、中退後、なんとなくフリーターやっておりました。

さらに、IT系の会社もバイト採用だったんですが、そこも半年でクビになり(ToT)、「会社勤めなんぞやってられっか!」と独立し、なんとなくフリーランスになりました(^^;

 

お絵かきはデカイほうで

イラスト描いたり、写真加工したりは、iPad Pro 12.9インチでやっておりますね。

やはり、ガチで作業しようとすると、12.9インチは必要です。本当は、16インチはほしいくらい。

iPad単独でお絵かきするときは『Procreate』というアプリを使っております。

Macと繋げて、Photoshopで写真加工したいときは、iPadをサブモニター化する『Astropad』『duet』などのアプリを使います。

iPadのサブモニター化について詳しくは『iPad Proを液タブ化 & Apple Pencilでクリスタに描く!』にて。

 

iPad Pro 9.7インチも、ちょっとした図表や小物でしたら、お絵かきできます。

とある仕事で、クランベリーというドライフルーツのイラストとか描いたんですが、そのくらいの小物なら、9.7インチでも描画可能でした。

f:id:sasa365:20161207133518j:plain

まぁもちろん、画面が大きい方が描画しやすいわけですが、諸事情があり客先でイラスト描いたんで、持ち出しには9.7インチがよかったんですね。客先でイラスト描くシーン、というのも早々ないと思いますが(^^;

 

機種:iPadを何枚も持っているから

さらにぼくの場合、iPadを5枚も買いましたので(^^;、それぞれ使い分けもしています。

iPad Pro 12.9インチはデスクトップ用。お絵かきしたりで、Macのサブとして使いますね。

iPad Pro 9.7インチは汎用端末。いやもうこれ1枚で何でもできますわ。

iPad mini 7.9インチは、9.7インチを買うまではメイン機だったのですが、買ってからこっちは、9.7インチが充電している間に使うサブタブレット。いやほんと、充電する間もないくらいiPad使うので(^^;

7.9インチもいいんですが、A4サイズ書類や、大型本のPDFを読むにはいささか小さいんですよね。ネット見るとかメールチェックとかだけでしたら、7.9インチのほうがコンパクトでいいのですが。

オマケに、Kindle Paperwhiteも持っていまして、これは主に、ライトノベル読書用ですね。じっくり読みたい本の場合は、この端末を使います。

Kindle Paperwhiteは、画面が電子ペーパーなので、紙を見ているのと大差ないのです。ぼくの場合、いまや液晶であろうと電子ペーパーであろうと大して気にならなくなりましたので(慣れって怖い)、iPad ProやiPad miniより軽い、という理由で使っています。

その他、Wacomの液晶ペンタブ『Cintiq companion』とか『iPad 2』とかも持っていましたが、この辺は使わなくなったので、友人に譲りました(^^;

 

まとめ『室内はiPad』と決めておくだけでも活用できる

というわけで以上が、ワタクシのiPad活用シーンでした。

電子書籍・動画・ブログなどのデジタルコンテンツに、どれだけ接しているかによって、iPadの使用頻度が変わってくる、ということではあります。

そのどれもがiPhoneで代用できなくはないのですが、やっぱり画面は大きい方が見やすいんですよ。

それは、スマホが年々大型化していることからも証明されているわけです。

だから、「iPad持っているけど使っていない」という人は、「室内は、iPhoneじゃなくてiPadを使ってみよう」というマイルールを決めておくだけでも、使いやすさが違ってくると思います。

 

あと、個人的には、寝室にiPhone持ち込むのイヤなんですよねー。

もう8年くらい昔ですが、お客さんから深夜2時に電話がかかってきたことありまして。当時はワンルームを事務所兼住居にしてて、ナイトモードなんてのもなかったから、叩き起こされましたよ(ToT)

いまなんか、LINEやFacebookメッセなど、昔以上にピロピロ音を出すシーンも増えましたから、ことさら、iPhoneをプライベート空間に持ち込むのがイヤなんですね。

つまりぼくは、職住一体の住環境において、iPadとiPhoneの使い分けでオンオフを切り替えているのです(^^;

iPhoneは屋外や事務所などのパブリックシーン、iPadは室内や寝室などのプライベートシーン、という感じですね。

無論、iPadでは着信したりしないよう設定済みです。

 

とまぁそんな感じで、何かとお世話になっているiPad。

その活用のご参考になれば幸いです(^^)