iPadファン

タブレット9枚も買った痛オタク…もとい板オタクが、気ままにiPadをレビューするブログ

iPadファンにようこそ!

f:id:sasa365:20161021144406j:plain

このたびは『iPadファン』に起こし頂きありがとうございます!

筆者の佐々木直也と申します。

このブログは、
iPadを含むタブレットを7枚も買った板オタク
が自由気ままにレビューを書きまくるブログとなっております。

実体験を元に、iPadの良し悪しを語っておりますので、iPadを購入されるときや、使い方が分からないときに、ぜひご参考にしてください。

どうぞよろしくお願い致します(^^)

 

【iPad編】人気TOP3

[1位]
iPad Proはいらない? 10.5と12.9と9.7と全部買った人のレビュー
iPad Pro購入ガイド。iPad Proを全シリーズ制覇したぼくが、あなたに最適なiPad Proをご提案♪

[2位]
iPadを初めて買うなら?6枚もiPadを購入した人のおすすめ比較
「iPadを買いたいけど何から手をつけてよいやら」という人はこの基礎知識へどうぞ(^^)

[3位]
iPad Pro 10.5レビュー:新型10.5インチはおすすめか否か、まとめました
2017年6月発売の新型iPad Proの購入を検討されているならこちらのエントリー!

 

【iPhone編】人気TOP3

[1位]
iPhoneの違いが分からない人へ。6と7、Plusの有無を分かりやすく!
iPadブログですが、iPhoneも書いてます(^^;「なんかiPhoneっていろいろ出てるなー? 結局どれ買えばいいの?」という人へ。

[2位]
iPhone 7 Plusレビュー:その使い勝手、もはやスマホじゃない!
iPhone 7 Plusの5.5インチともなると、あれはもうタブレットですね!

[3位]
iPhone 7のサイズ、どっちか比較するまでもなくPlusである理由
iPhone 7とiPhone 7 Plusの比較であれば、ぼくはデカイほうのPlusをおすすめしております。

 

⇓ここから最新記事です⇓

iPad Pro 10.5インチ VS 12.9インチ、どっち買うか悩まない見極め方

最近、わんこを無性に愛でたい佐々木です(^^;

さて今回は、これまでに複数読者さんから頂いていた質問にお答えします!

質問
「iPad Proの10.5インチと12.9インチ、どっちを買えばいいでしょうか?」

iPad Proは高額ですからね! 自分にとって最適なほうを選びたいもの。

というわけでiPad Pro 10.5インチと12.9インチ、両方買ったワタクシが(オマケに9.7インチも持ってます(^^;)、購入の見極め方を僭越ながらお話させて頂きます!

どっちを買ったらいいかの見極め方は、意外と簡単です。

 

 

分岐点は、お絵かきするか否か?

先に結論からいいますと、多くの人はiPad Pro 10.5インチがいいでしょう。

12.9インチは、想像以上にデカイっす。

なので12.9インチは、手に持って動画を見たり、ゴロ寝して電子書籍を読んだりするのは不向きです。

手に持って使うシーンを強いて上げれば、雑誌サイズのコンテンツを、ソファに座って読むくらいですが、その際は12.9インチを両手でがっちりホールドして読まねばなりません。そうすると動きづらくなって姿勢が固定されますので……疲れます(^^;

それに10.5インチでも、多少スクロールすることにはなりますが雑誌サイズは読めますからね。

 

では12.9インチはまったくの不要なのかといえばそうではなく、アレはデスクトップ端末なのです。だから『手に持って使う』には不向きでも『机の上で使う』にはちょうどいいのですね。

具体的にどんな用途かといえば、ズバリお絵かきです。机の上でガッツリとイラストを描画するならば、12.9インチがよいでしょう。お絵かき以外にも『机の上でApple Pencilをガッツリ使いたい』ならば12.9インチがよいかと思います。

ただしこのときは『手に持って使う』ことは諦めねばなりません

それと紙のメモ代わりならば10.5インチで十分です。

あとぼくはWebデザインも多少行いますが、例えば写真のパス抜きとかは10.5インチでやってしまいますね。なのでApple Pencilを相当ガッツリ使うお絵かきの時にのみ12.9インチを使っています。つまり専用端末なのです。

 

また、趣味で作画していて「お絵かきもしたいし、ゴロ寝してアニメも見たい」という人は、『机の上でも使えば手に持っても使う』ということになりますので10.5インチがよいでしょう。

描画スペースが狭まる分、12.9インチよりは描画しにくくなってしまいますが、10.5インチでもお絵かきはできます。

タッチ操作が非常にスムーズですので、10.5インチでも、液晶ペンタブレット13インチ台より感動的な描画体験ですよ(^^) iPad Proの描き心地は、ガラス越しに紙を触って描いているかのよう! ペン先はちょっとツルツルしちゃうけど慣れれば問題ないと思います。

 

そしてプロとして作画するならば12.9インチがいいでしょう。

「プロとして作画するけど、手に持っても使いたい」という欲張りさんは、とりあえず12.9インチで試してみて、でもおそらく手に持って使うのは厳しいと思うようになるでしょうから、そうしたらiPadをもう1枚買うしかないですね(^^;

10.5インチか、もしくはiPad(無印)の9.7インチも選択肢に上がってきます。

iPad(無印)は、性能のわりに非常に安価で、つまりコスパがいいですから、「Apple Pencilを使うときはiPad Pro12.9インチで、読んだり見たりするときはiPad(無印)」という使い分けがオツだと思います(^^)

予算が許すならiPad Pro 10.5インチがベストですが、このとき気をつけねばならないのは、Apple Pencilは1対1でしか使えないということ(2017年8月現在)。

どういうことかというと、12.9インチでお絵かきして、そのデータを10.5インチに転送して、ソファで続きを描こうと思うと、Apple Pencilを10.5インチに再ペアリングしなければならないのです。12.9インチに戻って作画するときも、再度ペアリングです。

この『1枚のiPad Proに1本のApple Pencil』という仕組み、いい加減どうにかして欲しいところではありますね。『描ける紙が決まってるペン』なんて使いにくいじゃないですか。

 

 

iPad Pro12.9インチをノートPCとして使うのはどうなのか?

iPad Pro 12.9インチはデスクトップ端末といいましたが、ではこういう人はどうなるのでしょうか?

「お絵かきはしないけど、ノートPC代わりにiPad Proを使いたい」

これに対するぼくの答えは「iPad Proは、ノートPCの代わりにはまだなれない」となります。

 

もちろんノートPCで何をやるのかにもよるのですが、そもそもの操作性が問題なのです。

どういうことかというと、マウスが使えないから。

実際に12.9インチで試してみたのですが、マウスがないと、画面とキーボードを手が頻繁に行き来することになります。そうすると……腕が疲れます(^^;

マウス操作は、手のひらを机に付けておけるじゃないですか。でも画面タッチだと、操作の間、腕は持ち上げっぱなしになるんです。

ぼくは、マウス操作でも、キーボードとの行き来で肩が腱鞘炎だというのに、さらにこれを持ち上げっぱなしにせねばならないとしたら「肩が壊れるワ!」と思いまして、iPad ProをノートPC代わりにするのを断念しました。

しかもぼくの場合は、ノートPCで、サイト制作から動画編集まで様々なタスクをこなしますので、そういった用途にiPad Proが使えるのかといえば、まったくもって否なのです。アプリがないので……(ToT)

 

さらに、です。

iPad Pro 12.9インチにSmart Keyboardをくっつけた重量と、MacBook(無印)の重量は、2017年現在、なんとMacBook Proのほうが軽いのです……!

うちのクッキングスケールではこの通り。

f:id:sasa365:20170701143329j:plain

1キロを超えてエラーとなるため別々に計ってみたら1042gありました……!

MacBook(無印)は920gなのです……!!

まぁMacBook(無印)をカスタムしたり、クッキングスケールで計ったりすると多少の誤差はあるでしょうが、いずれにしても、重量はほぼ同じであることに変わりありません。

だから「iPad Pro 12.9インチのほうが軽そうだから」というのも、ノートPCとして使う理由にはならないのですね。

 

以上から、iPad Pro 12.9インチをノートPCの代わりにするのは、2017年現在はまだ時期尚早だと思います。少なくとも、マウス操作が解禁になるまでは待った方がいいでしょう。さらに、自分がよく使うアプリがあるかどうかも確認してからにしましょう。

 

 

iPad Pro 10.5インチをノートPCとして使うのはどうなのか?

ではiPad Pro 10.5インチをノートPCとして使うのはどうなのでしょうか?

10.5インチならば、さすがにMacBook(無印)より軽いですし、サイズも手頃なことから持ち運びもラク。ハンドバッグにも入れられることと思います。

ということで私見としては、10.5インチは、メッセージやメールの返信にはいいかなと思います。カフェでネット視聴するのにも手頃ですね。

ただ、これは慣れの問題もあるかと思いますが、iPad Proの漢字変換はお世辞にもよいとはいえませんし、Apple純正の日本語入力をMacで使っていないとユーザー辞書も登録し直しですので、長文執筆には向かないと思います。

キーボード入力でATOKが使えるようになればこの問題は解決するんですが、いまだ対応しないことから、AppleさんはiOSを解放する気ないのかしら?って感じですねぇ。

 

さらに、Smart Keyboard(スマート キーボード)もおすすめしません。

っそもそも、あの薄いiPad Proにキーボードをくっつけること自体がナンセンスです! Surfaceじゃないんだから!!

とくに10.5インチは汎用タイプ。文字入力もしたければ、ベッドにゴロ寝してネット視聴もしたいわけですが……ゴロ寝したりソファに座ったりして使う際、Smart Keyboardは凄く邪魔になります。

Smart Keyboardを背面に回しても、iPad Proが分厚く、重くなるだけです。

結果「使っていないのなら取り外そう」となります。

取り外すのであれば、iPad Proに常時くっつけるのではなく、文字入力の際にくっつければいいのであり、ならばそれってBluetoothキーボードで事足りると思うのですよ。

10.5インチを屋外でノートPC化するならば、Bluetoothキーボードを鞄の中に常駐させておけばいいだけの話です。

「10.5インチはほぼノートPC化して使うから、Smart Keyboardを脱着させることは滅多にない」ということならば、それこそMacBook(無印)のほうがいろんなことできますので、ノートPCそのものを使った方が利点が多いのです。

10.5インチがいくら軽くとも、その活用に制限があるのでは本末転倒ですからね。

さらに10.5インチのSmart Keyboardは、キーサイズが小さくて、男性の手では打ちにくいことと思います。ぼくの持っているSmart Keyboardは12.9インチ用ですが、あのサイズでギリギリといったところです。

 

まとめ:絵を描かないなら10.5インチでオッケー!

そんなこんなでそろそろまとめましょう。

  • プロとして作画する人……12.9インチ。
  • それ以外の人……10.5インチ。
  • 12.9インチをノートPC代わりは時期尚早。マウスが使えるようになるまで待ちましょう。
  • 10.5インチならば出先でメッセージやメールくらいは可能。キーボードはBluetoothキーボードのほうがおすすめ。

とまぁこんな感じでぼくはおすすめしております。いかがでしょうか?

ご参考になれば幸いです(^^)